バッハ/平均律クラヴィーア曲集第2巻BWV.870~893

a0085805_15213431.jpga0085805_16564126.jpgram's café menu No.846 : 器楽曲

演奏 :  クリストフ・ルセ(cemb)
(  輸入盤 harmonia mundi AP070  )







 今日のお薦めは、クリストフ・ルセの鍵盤ソロ最新録音の『バッハ/平均律クラヴィーア曲集第2巻』です。待望久しい『平均律』なのですが、「第1巻」はまだ録音されていません。使用楽器は、ヴェルサイユ宮殿所蔵のヨハンネス・リュッケルスの1628年製オリジナルです。付録のブックレットにはその美しい写真もありますが、楽器の音色にも煌びやかな気品があってじつに味わい深いうえに、音の粒子が飛翔していくような軽さも感じてしまいます。タッチが克明に再現されて、そこにチェンバロがあるような臨場感です。演奏も録音も極上の一枚でした。
 因みに、以前のAmbroisieレーベルに録音された『W.F.バッハのための音楽帳(AMB9977)』には、「第1巻」のいくつかのプレリュードの原型が収められていました。ですから、そんなに遠くならないうちに、この美しい<リュッケルス1628年製チェンバロ>で、『平均律』の全曲録音が完成するのだろうと期待できますね。


   同曲異演盤 : ボブ・ファン・アスペレン(cemb)
             アンドラーシュ・シフ(p)



今日の写真 : 初春の香り #3   2014年1月18日  いわき市フラワーセンター温室内

a0085805_17211514.jpg

                                 クリスマスローズ
                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )
 




                 仙台市青葉区宮町通りにある小さなケーキ屋さん、Patisserie MythiQue
                     2階は本格派エスプレッソも楽しめる、隠れ家的カフェでした。

a0085805_1738884.jpg

a0085805_17383975.jpg

[PR]
by fragile28 | 2014-02-09 17:24 | 器楽曲


<< ロシア管弦楽曲集 ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲... >>