カテゴリ:管弦楽曲( 137 )

ロシア管弦楽曲集

a0085805_16151170.jpgram's café menu No.847 : 管弦楽曲

演奏 : アンドレ・クリュイタンス
      フィルハーモニア管弦楽団/パリ音楽院管弦楽団

(  輸入盤 LP 仏COLUMBIA CCA 857  )







 連日、ソチ冬季五輪での日本選手の活躍に感動! そしてまた感動! 勇気をいただきました。本当にありがとうございます。また、応援しています。頑張ってください。

 ソチに因んで、今日は「ロシア管弦楽曲集」を聴いています。このクリュイタンス盤には、フィルハーモニアO.と「ムソルグスキー/禿山の一夜」、「ボロディン/中央アジアの草原にて」の2曲、パリ音楽院O.とは「ボロディン/だったん人の踊り」、「リムスキー・コルサコフ/ロシアの復活祭序曲&くま蜂の飛行」の3曲が収緑されています。いずれも都会的に洗練された雰囲気の、品格のただよう演奏です。スラヴ的な泥くささはありませんが、色彩的で瑞々しい表現は、万人向けの名演といえます。



今日の写真 : 週末の大雪

a0085805_1652631.jpg

                      ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2014-02-16 16:59 | 管弦楽曲

New Year's Concert 1988

a0085805_1002712.jpgram's café menu No.841 : 管弦楽曲

演奏 : クラウディオ・アバド
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DGG 423 662-1  )






                          あけましておめでとうございます
                          本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 


 お正月恒例のウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート」は、今や世界中へFMとTVで同時生中継され、最も多くの人が同時に視聴する新年の一大イベントになりました。そして今年の指揮者は、2009年に続き2度目となるダニエル・バレンボイム氏です。楽しみですね。

 さて拙ブログは8回目の新年ですが、本年最初のエントリーは、1988年のクラウディオ・アバドによる「New Year's Concert 1988」です。これが「ニューイヤー・コンサート」デビューとなったアバドですが、第一コンマス席には故ゲアハルト・ヘッツェル氏が座るウィーン・フィル全盛期のニューイヤー・コンサートでした。大病を克服した現在のアバドは、年齢を重ねていくほど演奏が若返ってゆく感じがしますが、1988年のこのころ、ウィーン・フィル楽員と比べてみれば、まだまだ《若造》?なんでしょうね(笑)。この演奏会ではウィーン・フィルらしい音色は感じますが、スマートで中庸な感じのウィンナ・ワルツでした。それでも、床を揺るがすような大砲の爆裂音には、驚いてしまいました(笑)。やはり映像があるかないかで、印象が大きく違いますね。観客のどよめきも録音されているだけに、残念!
 
 


   同曲異演盤 : 2013 New Year's Concert ヴェルザー=メスト/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert in Vienna  アバド/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             1992 New Year's Concert カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             1987 New Year's Concert ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー



今日の写真 : 初春の楽しみ 


a0085805_10205597.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
     

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2014-01-01 10:31 | 管弦楽曲

ワーグナー/ジークフリート牧歌

a0085805_1505263.jpgram's café menu No.839 : 管弦楽曲

演奏 : ラファエル・クーベリック
      ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DGG 136228 SLPEM  )







 NHK-FMの年末恒例番組の一つに、『バイロイト音楽祭』があります。今年はワーグナー生誕200年の<ワーグナー・イヤー>ということで、7月26日から4夜にわたって大作、『ニーベルングの指環』の新演出が登場して、大きな注目を集めたそうですね。さらに『さまよえるオランダ人』、『タンホイザー』、『ローエングリン』も上演されて、<ワーグナー・イヤー>最大のイベントとして、人々を熱狂させたそうです。NHK-FMではこの音楽祭のライヴ音源を12月22日から28日まで7夜連続放送中です。本日26日は、クリスティアン・ティーレマン指揮による歌劇『さまよえるオランダ人』の放送日です。他の演目に比べれば、一番短時間(それでも放送予定は21時~23時25分ですが)なので、私でもお付き合いできそうです(笑)。

 これほど大作ばかりのワーグナーのCD,LPは持っていませんが、「管弦楽作品」はオーディオ向きなので少しは聴きます。今日のエントリー曲の『ジークフリート牧歌』や『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲、『トリスタンとイゾルデ』から「第1幕への前奏曲」と「愛の死」など、美しく蕩蕩とした弦の響きと深い音楽の雰囲気を楽しむのも、たまには気分転換になっていいものですね。



今日の写真 : 下り坂   2013年12月26日 7:21 撮影

a0085805_15591824.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-12-26 16:04 | 管弦楽曲

ビゼー/美しきパースの娘

a0085805_21181976.jpgram's café menu No.833 : 管弦楽曲

演奏 : エルネスト・アンセルメ
      スイス・ロマンド管弦楽団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 2275  )






 2013年は「ミスターローズ」と呼ばれた世界的なバラ育種家、鈴木省三氏の生誕100周年の年でした。神代植物公園には、鈴木省三氏が作出した130以上の新品種のうち約30品種のバラが植栽されているそうですが、今年の「春・秋のバラフェスタ」ではそれら名花誕生にいたる系譜がわかるような工夫が見られました。生誕100周年の記念パンフレット<Mr.Rose 鈴木省三のバラが咲いています>には彼が作出した品種は朱書きされ、それがバラ園のどの区画にあるのかが示されていて、そしてその植栽場所には交配親まで書かれた表示札が新たに設置されていました。とてもわかりやすくて、彼のバラ育種に注いだ情熱と研究心をストレートに感じることができました。今年のバラフェスタも11月4日ですべて終了しました。私的には、いつもより少し詳しくバラを見て歩くことができたように思います。ありがとうございました。

 さて今日のお薦めの一枚は、ビゼー作曲の「美しきパースの娘」です。同名歌劇から前奏曲、セレナーデ、行進曲、ボヘミアン舞曲の4曲が収録されています。アンセルメの指揮で色彩感と躍動感にあふれる音楽が広がり、まるで目の前にバレエの踊りが展開されるような感じですね。録音もとてもいいです。



今日の写真 : 秋バラ #3

a0085805_2263483.jpg
                                    夕霧
                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-11-05 22:16 | 管弦楽曲

リヒャルト・シュトラウス/交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」Op.30

a0085805_21294389.jpgram's café menu No.828 : 管弦楽曲

演奏 : ヘルベルト・フォン・カラヤン
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1959年録音)

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 2154  )







 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭部は、とてもよく知られています。オルガンの重低音、トランペットの壮麗な響きや堂々たるティンパニなど、色彩豊かな管弦楽がいきなりの全開なんですからね、これはもうたまりません(笑)。 ところが・・、この導入部に続く8つの部分については、余り知られているとはお世辞にも言えません。摩訶不思議ですね~。
 一応、<後の世の人々について>、<大いなる憧れについて>、<歓喜と情熱について>、<埋葬の歌>、<科学について>、<病から回復に向かう者>、<舞踏の歌>、<さすらい人の夜の歌>と標題も付けられているのですが、どんな旋律であったのか思い出して口ずさむことができません。にもかかわらず全曲に聴き慣れてくると、終結に向かって自然と落ち着くというか、スムーズな流れが心地よく感じられもします。

 今日のエントリーはカラヤンの1953年録音盤です。この曲のカラヤン第1回目の録音ですが、英DECCAへのホルスト/組曲「惑星」などとともに、この曲を世界的に有名にしたとされる名盤です。
 


   同曲異演盤 : ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1973年録音)
             ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1983年録音)




今日の写真 : 曼珠沙華    2013年9月28日撮影  仙台市野草園

a0085805_16122773.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-09-29 17:29 | 管弦楽曲

ショパン-ダグラス編曲/バレエ「レ・シルフィード」

a0085805_19313960.jpgram's café menu No.820 : 管弦楽曲

演奏 : ヘルベルト・フォン・カラヤン
      ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

( 輸入盤 LP DGG 136257 SLPEM  )






 
 
 東日本大震災から3度目となった「仙台七夕まつり」の今年のテーマは「つなぐ」でした。大震災からの復興への思いと、全国の支援者の気持ちをつなげる意味を込めたそうです。今年もサンモール一番町のところには、「あしたにかがやく・星に願いを」~復興への思いを忘れない~ と題した仙台市立189校の小中学校の子どもたちによる、手づくりの大きな七夕飾りが掲げられていました。ひとつひとつに、一人ひとりの願いと感謝そして明日への希望をこめて制作したそうです。
 ところで東日本大震災と原発事故に関わって、全国各地から温かいご支援・励ましを受けているのは、私たち福島県民も同じです。しかし、この「仙台七夕飾り」を見ていて感じたのは、全国からの支援・励ましに対して己の感謝の気持ちをどう伝えてきたのだろうか、という自省の念でした。このままでは私たち「フクシマ」は、故郷よりももっと大切な心までなくしてしまいそうで、悲しくなりました。

 今日はショパンのバレエ曲「レ・シルフィード」のエントリーです。シルフィードとは、空気の精や風の精を指すそうですが、七夕飾りの「吹き流し」が通り抜ける風に気持ちよさそうに吹き流されていくさまは、まさに、風の精と戯れているかのようでした。またカラヤン&ベルリン・フィルのLPですが、いわゆる「赤ステ」といわれるDGGの最初期盤(8/61)のもので、前回エントリーした第2版とはジャケット・デザインも異なっています。


   同曲異演盤 : ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団



今日の写真 : 風の精      2013年8月7日撮影


a0085805_21453673.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-08-10 21:49 | 管弦楽曲

2013 New Year's Concert

a0085805_16384588.jpga0085805_16394633.jpgram's café menu No.818 : 管弦楽曲

演奏 : フランツ・ヴェルザー=メスト
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP SONY 88765411631  )







 HMV ONLINE で、「ニューイヤー・コンサート2013 ヴェルザー=メスト&ウィーン・フィル(3LP)」が3,490円の大特価で発売されていました。なんと、通常価格の44%OFFです! もう買うしかありませんね(笑)。

 LPなので、そこに掲載されている写真は大きいし、装丁も立派! もちろん再生された音楽も素晴らしいです。最近はアナログLPが復活してきて、中古LPや旧録音の重量盤LPが人気を集めているし、この「ニューイヤー・コンサート2013」のような最新録音のLPだって発売されています。こんなアナログ復活の原動力の一つは、間違いなく、ノスタルジックな郷愁に癒やされたい中高年層かも知れません。LPで聴く音楽は、CDとは違った弦楽器の豊かな響き、管楽器の存在感、ティンパニーのタイトで明快な響きがあって、それらが鋭角的ではなく温かいのです。まったく疲れませんね。日頃のハードでせかせかとした日常から逃げ込みたくなるのは、私だけではないように思うのですが・・。

 さて、この「ニューイヤー・コンサート2013」には、シュトラウス・ファミリーの音楽19曲と楽団員の「新年の挨拶」が収録されています。この中には、今年が生誕200年にあたるワーグナーとヴェルディの作品も1曲ずつ収録されています。2011年に初登場して以来、今回が2回目となったヴェルザー=メストですが、将来的にニューイヤー・コンサートの「顔」になりそうな雰囲気が漂ってきました。


   同曲異演盤 : 1991 New Year's Concert クラウディオ・アバド/ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert ウィリー・ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              1992 New Year's Concert カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              1987 New Year's Concert ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 

 


今日の写真 : 小野川不動滝    耶麻郡北塩原村 (2013年8月4日撮影)


a0085805_18171744.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
 

  

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-08-05 18:26 | 管弦楽曲

モーツァルト/セレナード第13番ト長調K.525

a0085805_1330162.jpgram's café menu No.807 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・モーツァルト合奏団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6420  )








 薄曇りですが、GW最終日には十分すぎるほどの暖かさと爽やかさですね。まさしく、<What a beautiful day!>

 今日のエントリーは、この陽気にぴったりな曲です。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク(小夜曲)」という愛称で親しまれている「セレナード第13番」ですが、モーツァルト自身はこの「セレナード」という表題を全く使わなかったそうです。ザルツブルク時代のモーツァルトが書いた「セレナード」は管楽器編成による6楽章以上の曲がほとんどであることから、後世になってこの曲を「セレナード」と呼ぶことは適切ではないそうです。確かに、作曲の経緯も明らかではないのですが、弦五部による編成でしかも4楽章構成となっています。揚げ句には、コントラバスを含んだ弦楽五重奏用なのか、あるいは弦楽合奏なのかはっきりしないようです。にもかかわらず、この超ポピュラーな名曲には「セレナード」という表題が付けられたCDやLPが多いです。

 《ボスコフスキー&ウィーン・モーツァルト合奏団》による「モーツァルト/セレナード集」ですが、ようやく今日のエントリー「Vol.3」でVol.1~Vol.9までの全集が完結しました。演奏も音質も素晴らしくいいので、どれも安心して聴ける一枚です。ウィーン情緒がたっぷりと香って、じつに華やかな雰囲気の肩の凝らない音楽に仕上がっています。今日のこの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」もどこまでも伸びやかで自由闊達! 微笑みいっぱいの愉しさにあふれていて、とても爽やかな演奏です。


  同曲異演盤 : カール・ミュンヒンガー/シュトゥットガルト室内管弦楽団
            ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団




今日の写真 : ユキヤナギ

a0085805_1745859.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-05-06 14:45 | 管弦楽曲

モーツァルト/ディヴェルティメント第2番ニ長調K.131

a0085805_17132982.jpgram's café menu No.797 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・モーツァルト合奏団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6366  )







 福島県は気候・風土の大きく異なる3つの地域、「浜通り・中通り・会津地方」から成り立っています。福島県民は「はま・なか・あいづ」ということばで、東西に広がった大きな県土を直観的に意識します。特に春浅いこの季節に、雪深い会津や冷たい北風の吹き荒れる中通りからいわき市へ行ってみると、日射の違いと暖かさに春の訪れを感じるとともに、県土の広がりを再認識することになります。

 三連休の最終日、郡山市は小雪混じりの冷たい北風がピューピューと吹き荒れていました。しかしそんな強風でも、気紛れのようにふと止む瞬間もあって、日射しに春のぬくもりを感じることができます。少しずつ春へと向かっている兆しを、どうにか感じることができるくらいにまでなりました。ぽかぽか陽気のお散歩日和になるのには少し時間が必要ですが、もうしばらくの辛抱でしょうね。今日は、「原発事故」による避難指示区域の見直しに関する「富岡町住民説明会」がありました。この見直しで、私の地区は「帰還困難区域」とはなりましたが、この区域見直しができなければ、除染も宅地・建物の財物賠償も先へ進みません。それを考えれば、これも一歩前進。何年後かは不明ですが、暖かい春の日射しを浴びながらお散歩したいと願っています。

 さて今日のお薦めは、《ボスコフスキー&ウィーン・モーツァルト合奏団》によるモーツァルトの「セレナード集Vol.2」から「ディヴェルティメント第2番K.131」です。第1楽章アレグロから足どり軽く爽やかです。モーツァルト16歳の時の作品らしいですが、ニ長調の陽気さ・明るさを基本としながら抒情的・ロマン的な歌もあって、とても親しみやすい曲でした。
 
 



今日の写真 : 春の日射し    素心蝋梅

a0085805_17222373.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
[PR]
by fragile28 | 2013-02-11 20:27 | 管弦楽曲

モーツァルト/ディヴェルティメント第11番ニ長調K.251

a0085805_19452292.jpgram's café menu No.795 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・モーツァルト合奏団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6670  )







 1776年に作曲されたこの「ディヴェルティメント第11番」は、ヴァイオリン2、ヴィオラ、コントラバスの弦4とオーボエ、ホルン2の管3というユニークな楽器編成です。そして、姉ナンネルの霊名の祝日を祝うために書かれたので、「ナンネル・セプテット」という渾名で呼ばれることもあります。終楽章はフランス風マーチ(Marcia alla francese)と題されていますが、第1楽章冒頭から、第1ヴァイオリンよりもオーボエが活躍するところもあって、ちょっとお洒落な<フランス趣味>のオーボエ協奏曲ような雰囲気の曲です。

 今日はこの曲を、、英DECCAの「モーツァルト・セレナード集Vol.8」として1973年に発売された、ボスコフスキー&ウィーン・モーツァルト合奏団の録音でエントリーします。言うまでもなく、演奏は天下一品の上手さなので、今日もモーツァルトの美しい音楽をゆったりと楽しむことができます。
 


今日の写真 : 初春の香り #2   マンサク   いわき市フラワーセンター


a0085805_1950328.jpg

                       ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )
 

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-01-27 21:00 | 管弦楽曲