カテゴリ:室内楽曲( 298 )

ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調Op.97「大公」

a0085805_20455197.jpgram's café menu No.845 : 室内楽曲

演奏 : アレクサンドル・メルニコフ(fortepiano)
      イザベル・ファウスト(vn)、ジャン=ギアン・ケラス(vc)

(  輸入盤 harmonia mundi HMC 902125  )





 1980年のクリスマス豪雪を思い出させるような、暴風雪の一日でした。市内幹線道路の混雑もひどそうなので外出は控えて朝から、音楽三昧、テレビ三昧の一日でした。

 ところで新しい環境でオーディオを楽しんでいるのですが、SACDプレーヤー(SONY SCD-DR1)の回転音が気になっていました。CD再生の時は気にならないのですが、SACD再生時の僅かなんだけど気になる回転音、ピアニッシモで奏でられる静寂な音楽を邪魔する微かな回転音・・。どうにかならないかな~と思い、昨年の暮れ、いつものオーディオ店に行ってみました。評判になっていたAccuphaseの新しいSACDプレーヤーDP-720が発売になったばかりの頃でしたが、まだ店頭にはなくて、入荷は2014年になってからとのことでした。これまでAccuphaseの製品は使ったことがなかったのですが、TAD製やESOTERIC製のいかにも精緻なマシーン面したプレーヤーよりも、少し柔和で優しげな雰囲気もあって、ぜひその音を聴きたいと思っていました。同じAccuphaseのセパレート型SACDプレーヤーDP-900+DC-901は展示されていて、すぐにも再生可能な状態でした。新製品DP-720はこのセパレート型の優れた技術を凝縮したモデルとして前評判も高かったのです。
 取りあえず、このセパレート型SACDプレーヤーを視聴しました。さすがにステレオサウンドグランプリを受賞しただけのことはあります。SCD-DR1にあったあの回転音は全くありません。もう静寂そのもの、静寂の中から音楽だけがわき上がってきます。しかも楽器の音色が実にリアルです。奥行きも広がり空間への定位も安定し、臨場感がとてつもなくいいです。ヴァイオリンとチェロの音色の違いも、豊かな倍音も面白いように再生していきます。ということがあって、先月からセパレート型SACDプレーヤーDP-900+DC-901が我がオーディオ・システムに加わりました。

 今日はイザベル・ファウストの最新盤、「ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲集」をエントリーします。メルニコフのフォルテピアノの雅で落ち着いた響きに、ファウストの美しく凛とした音色のヴァイオリンと、ケラスの豊かな響きのチェロが広い空間に展開されていきます。とてもいいですね。


   同曲異演盤 : ヤン・パネンカ(p)、ヨセフ・スーク(vn)、ヨセフ・フッフロ(vc)
             ヴィルヘルム・ケンプ(p)、ヘンリク・シェリング(vn)、ピエール・フルニエ(vc)



今日の写真 : 音楽三昧   

a0085805_2232138.jpg

                      ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )


a0085805_22355752.jpg

                      ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )
[PR]
by fragile28 | 2014-02-08 22:36 | 室内楽曲

モーツァルト/オーボエ四重奏曲ヘ長調K.370

a0085805_15275760.jpgram's café menu No.836 : 室内楽曲

演奏 : ピエール・ピエルロ(ob)
      パスキエ・トリオ

( 輸入盤 LP BAM LD 500.065  )






 今日のお薦めの一枚は、1950~90年代にかけて活躍したフランスの名オーボエ奏者、ピエール・ピエルロとパスキエ・トリオのLPです。ピエルロは1946年からジャン=ピエール・ランパルやジャック・ランスロ、ポール・オンニュとともに演奏活動をはじめ、1951年にはロベール・ヴェイロン=ラクロワらとパリ・バロック・アンサンブルを結成して、数々の名盤をフランスのERATOやBAMに遺しました。

 前回にエントリーしたホリガー盤では、オーボエの美しい残響と余韻が、躊躇うことなく天空にまで伸びていって爽やかな印象が強かったのですが、それよりも30年も前に録音されたピエルロ&パスキエ・トリオの仏BAM盤の演奏では、少しまろやかな響きで温かさと寛ぎを感じさせるような音色です。そしてジャン・パスキエ(vn)、ピエール・パスキエ(va)、エティエンヌ・パスキエ(vc)のパスキエ・トリオの弦も馥郁とした響きでオーボエに呼応し、とてもしみじみとした愉しい演奏ですね。そして驚くことには、とてもとても録音がいいのです。およそ1950年代後期の録音だとは信じられません。
 なおこのオーボエ四重奏曲にカップリングされた2つのピアノ三重奏曲、第2番K.442「テンポ・ディ・メヌエット」と第6番K.542では、ロベール・ヴェイロン=ラクロワがピアノで参加しています。こちらもいい演奏です。



   同曲異演盤 : ハインツ・ホリガー(ob)/オルランド弦楽四重奏団


今日の写真 : 小春日和

a0085805_16422884.jpg

                      ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
[PR]
by fragile28 | 2013-11-24 16:43 | 室内楽曲

ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第15番イ短調Op.132

a0085805_1515284.jpgram's café menu No.835 : 室内楽曲

演奏 : ブランディス・カルテット
(  輸入盤 LP harmonia mundi HMC 1221  )








 
 
 週末のお天気がこんなにいいなんて、本当に久し振りのことです。<小春日和>の優しい日射しに心も穏やかになってきます。

 身体のどこかが痛んだりぐあいが悪くなったりしてはじめて健康のなんたるかを思い知るのとおなじように、人はだれがどう見ても不幸としか言いようのない状況に陥ったとき、ようやく真の幸福の意味を知ることができる。
  
 どういうことが幸福で、どういうことがそうでないか。どこにそれを見いだし得るのか。いったん見つけたら、どのように守りぬかねばならないか。幸福を快楽と混同してはいけない。悲しみを幸福の正反対と考えることも間違っている。
(堀江敏幸著「彼女のいる背表紙」から抜粋)


 かつてカラヤンが君臨していたベルリン・フィルの第一コンサートマスターといえば、ミシェル・シュヴァルベ、トーマス・ブランディス、レオン・シュピーラーの3人で、カラヤンの指揮するコンサートでは常に第一ヴァイオリンの第1プルトにはこの3人のうち2人が座っていたそうです。
 ところで有名なオーケストラには、必ず楽員による室内アンサンブルがあって、特にウィーン・フィルとベルリン・フィルには優れたアンサンブルが多いですね。でもウィーン・フィルに比べると、ベルリン・フィルには弦楽四重奏団が少ないようです。あれこれ思い出してみても<フィルハーモニア・カルテット ベルリン>と<ブランディス・カルテット>くらいしか思い出しません。う~む、アルツハイマー進行中(笑)?

 ブランディス・カルテットは1976年にコンサートマスターのトーマス・ブランディスとチェロのヴォルフガング・ベトヒャーを中心に設立され、ブランディスはこの四重奏団の活動に専念するために1983年からベルリン・フィルを離れてしまったということです。今日はブランディス・カルテットでベートーヴェンの「第15番」を聴きますが、音楽が伸びやかで豊かに歌う感じがします。癒やされて、心が自然と安らいでいくようですね。



   同曲異演盤 : ラサール弦楽四重奏団
             バルヒェット四重奏団
             アルバン・ベルク四重奏団
             ズスケ四重奏団



今日の写真 : 秋バラ #4 

a0085805_1513940.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

                              

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-11-17 17:32 | 室内楽曲

モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452

a0085805_16333793.jpga0085805_17122417.jpgram's café menu No.834 : 室内楽曲

演奏 : ワルター・ギーゼキング(p)
      フィルハーモニア管楽四重奏団

(  輸入盤 LP Columbia FCX 543  )







 弦楽器の入らないピアノと管楽の五重奏曲は、この楽器編成がもたらす音の色彩やふくよかな表情が素晴らしくよくって、天才モーツァルトならではの名曲です。『これは自分が今までに書いた最も美しい曲』とモーツァルトは父への手紙の中でこの曲を表現したそうです。確かに、ピアノと管楽器がいずれも対等に艶やかな響きで活躍し、管楽アンサンブルの素晴らしさを思う存分に満喫できる内容です。今日はこの曲を、モノラル期の決定盤として有名なギーゼキング盤(1955年録音)で聴きたいと思います。木管にはシドニー・サトクリフ(ob)、バーナード・ウォルトン(cl)、デニス・ブレイン(hrn)、セシル・ジェームス(fg)といった、1950年代英国のトップ奏者たちが参加しています。

 

   同曲異演盤 : ブレンデル(p)&ホリガー、ブルンナー、バウマン、トゥーネマン
             アシュケナージ(p)&ロンドン管楽ソロイスツ
             アンドレ・プレヴィン(p)&ウィーン管楽合奏団




今日の写真 : 東京都葛西臨海水族園    2013年11月5日撮影


a0085805_1712946.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-11-09 18:09 | 室内楽曲

モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452

a0085805_14181085.jpgram's café menu No.831 : 室内楽曲

演奏 : アンドレ・プレヴィン(p)
      ウィーン管楽合奏団

(  輸入盤 TELARC CD-80114  )







 三連休最終日、いかがお過ごしですか?

 今日は朝から風もなく、ぽかぽか陽気の穏やかな一日です。足早に秋色に染まってきた美しい景色を求めて繰りだした方々で、行楽地は大変な賑わいでしょうね。私は朝早くに猪苗代湖へ出かけて行き、湖面から沸き立つ朝霧と東雲色に染まった空の写真を撮ってきました。鏡のような湖面に映った磐梯山も綺麗でした。静寂の中、朝霧が少しずつ動いたり暁の空が刻一刻と変化していくさまも、とても神秘的で美しいです。

 さて、こんな神秘的な景色にピッタリな曲といえば、やはりモーツァルトのこの「五重奏曲K.452」でしょう。この曲は、ピアノとオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットの特殊な楽器編成ですが、音の色彩や馥郁とした表情がとっても素晴らしいのです。今日はこれをプレヴィン&ウィーン管楽合奏団による85年テラーク録音の優秀録音盤で聴きます。トゥレチェック(ob)、シュミードル(cl)、アルトマン(hrn)、ファルトル(fg)によるウィーン情緒たっぷりの典雅な響きと、プレヴィンのピアノの優しさにうっとりです(笑)。


   同曲異演盤 : ブレンデル(p)&ホリガー、ブルンナー、バウマン、トゥーネマン
             アシュケナージ(p)&ロンドン管楽ソロイスツ




今日の写真 : 東雲色の静寂    2013年10月14日撮影

a0085805_15515426.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-10-14 14:47 | 室内楽曲

ブラームス/ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調Op.120-1

a0085805_1332742.jpgram's café menu No.829 : 室内楽曲

演奏 : タベア・ツィンマーマン(va)
      キリル・ゲルシュタイン(p)

(  輸入盤 SACD myrios classics MYR008  )








 ブラームスは61歳になってから、2曲のクラリネットのためのソナタを書いています。そして、この2曲がブラームスの室内楽曲の最後の曲となりました。終末期のブラームスの心に沈潜していた<深い諦め>に、色濃く染まったこの室内楽曲を、初秋の夕暮れに聴くというのは、余りにもピッタリし過ぎます。この2曲のクラリネット・ソナタは、ヴィオラとピアノでも演奏することができます。そしてヴィオラでの演奏だとブラームスらしい渋さが増して、しっとりとした秋色がより一層濃くなるようです。

 今日のお薦めは、タベア・ツィンマーマン&ゲルシュタインの「Sonatas for Viora & Piano Vol.2」です。ソナタ第2番が収録された「Vol.1」は3年くらい前に発売されていましたから、これでようやく2曲揃いました。ツィンマーマンのヴィオラはビロードのような肌触りの美音でありながら、生き生きとした張りもあります。ヴィオラの艶やかな音色と深みのある響きに惹かれます。
 

   同曲異演盤 : キム・カシュカシアン(va)&レヴィン(hf) 
             ジャック・ブライマー(cl)&デヴィッド・ロイド(p)

   


今日の写真 : 松茸コース   らん亭 ( 2013年10月5日撮影 )


a0085805_12162286.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-10-06 14:33 | 室内楽曲

A Concert At The White House

a0085805_1858784.jpgram's café menu No.827 : 室内楽曲

演奏 : パブロ・カザルス(vc)、ミエチスラフ・ホルショフスキー(p)
      アレクサンダー・シュナイダー(vn)

(  輸入盤 LP COLUMBIA KL 5726  )








 今日は、朝から雲一つない秋晴れ! 絶好の行楽日和でした。

 仙台市野草園の「萩まつり」は先週末で終了でした。いくらお出掛け日和の陽気といえど、さすがに今日は閑散としてますね。でもじっくり園内を散策するには、とても好都合です。
 さて今日の収穫は、南下途中のアサギマダラに出会えたことです。アサギマダラは本州を北限に、主に中国南部や東南アジアに生息し、長距離移動するといわれる大型のチョウです。2009年6月、やはり仙台市野草園で見かけた記事を拙ブログにアップしましたが、それ以来ということになります。あの時も今回も、場所は野草園「高山植物区」のフジバカマの花の所です。園内の他の所にもフジバカマはたくさんあるのですが、どういう理由か、「高山植物区」の入口付近のフジバカマがお気に入りのようですよ(笑)。

 ところで、野草園のハギですが、まだまだ「ハギのトンネル」や芝生広場のハギは見頃が続いています。ミヤギノハギやツクシハギなど、野草園には14種類ものハギが植栽されているそうですから、今しばらく楽しむことができますね。

 今日のお薦めは、世界平和を訴え続けた偉大なカザルスの『ホワイトハウス・コンサート』の貴重なドキュメントです。カザルス85歳の誕生日目前のコンサート(1961年11月13日)ですが、年齢を感じさせない力強い演奏は、まさに感動の記録です。演奏曲目は、メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第1番、クープラン/チェロとピアノのための演奏会用小品、シューマン/アダージョとアレグロ、カタロニア民謡/鳥の歌の4曲です。



今日の写真 : 仙台市野草園     2013年9月28日撮影

a0085805_22292711.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

 

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-09-28 22:48 | 室内楽曲

PIERRE FOURNIER plays FAVOURITE ENCORES

a0085805_18442437.jpgram's café menu No.823 : 室内楽

演奏 : ピエール・フルニエ(vc)
      ジャン=マリー・オーベルソン/パリ・コンサート管弦楽団

(  輸入盤 LP Concert Hall SMS-2369  )







 教員生活、最後の夏休みも終わってしまいました。 明日からはまた、大忙しの仕事モードに突入です。

 さて「音楽の友」9月号には、早くも「来日演奏家速報2014」が載っていました。来日演奏家カレンダーで、私の<毎日が日曜日!>となる4月以降の「オーケストラ・指揮者」では、4月のチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団&クレーメル(vn)、5月のボストン交響楽団&ヤンセン(vn)、ラ・プティット・バンド、10月のマリインスキー歌劇場管弦楽団など・・。 「室内楽・器楽」では、4月のウィーン室内合奏団、アリーナ・イブラギモヴァ(vn)、タベア・ツィンマーマン(va)、6月のイザベル・ファウスト(vn)、エマーソン弦楽四重奏団、シギスヴァルト・クイケン(古楽器)、7月のベルリン・フィル12人のチェリスト、9月のアルカント・カルテット、10月のモザイク・カルテット、レ・ヴァン・フランセ、11月のウィーン弦楽四重奏団など。いやはや、これでは仕事よりも忙しくなりそうな日程です(笑)。

 こんな楽しい記事を読みながら、今日はピエール・フルニエによるオーケストラ伴奏付きのチェロ小品集を聴いています。この演奏は、最近、COLUMBIA×TOWER RECORDS の「コンサートホール原盤」復刻シリーズ第Ⅰ期の中の一枚としてリリースされました。復刻に際し、日本コロンビア保管のアナログマスターから、最新のデジタル・リマスタリング処理をおこなって、往年の名盤を甦らせたそうです。
 今日のエントリーはコンサートホール原盤のLPです。LPで聴いてみると、ナローレンジのセピア色の音色ですが、柔らかなオーケストラ伴奏が暖かく響き、詩情豊かなフルニエのチェロが優しく歌っていて、とても心が安らぎます。収録曲は、バッハ「G線上のアリア」、ボッケリーニ「メヌエット」、ヘンデル「ラルゴ」、サン=サーンス「白鳥」、ショパン「ノクターン」など全11曲、いずれも絶品の小曲集です。



今日の写真 : 芙蓉

a0085805_18523029.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-08-25 19:10 | 室内楽曲

モーツァルト/vn、va のための二重奏曲第2番変ロ長調K.424

a0085805_19502531.jpgram's café menu No.821 : 室内楽曲

演奏 : レイチェル・ポッジャー(vn)
      ジェーン・ロジャーズ(va)

(  輸入盤  CHANNEL CLASSICS CCS SA 32411  )






 
 お盆の週だというのに、相も変わらず、忙しくしています。

 8月12日、現勤務校では久し振りになる「ペルセウス座流星群観測会」と「スピカ食観測会」を開催しました。部員は僅か7名ですが、初めて徹夜で流星を観測したという生徒もいて、とても楽しい一晩でした。スピカ食の方は、スピカの潜入は確認できたのですが、出てくるころに薄雲がかかってしまい、ちょっと残念! でもこれだけだって、初めての体験で貴重な観測会になりました。徹夜明けの翌13日、私は親戚のお墓参りに同行し、そのまま猪苗代町の花火大会を見物してきました。さすがに、歳をも省みない強行スケジュール! 寝不足で、少し疲れがたまってしまいました(笑)。

 今日のお薦めの一枚は、古楽器奏者のデュオ・アルバムです。拙ブログのここでも書きましたが、ハイドンの弟のミハエル・ハイドンはザルツブルグの大司教から、ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲を6曲書くように依頼されたのですが、4曲を書き終わって病気になってしまいました。でも友人であったモーツァルトが彼に代わって残りの2曲を完成したそうです。その6曲から2曲ずつ選んで録音したのがこのディスクです。

 SACD盤ということもあって、ヴァイオリンとヴィオラの音がとても美しいです。さらにヴァイオリンの伸びやかで緻密な音とヴィオラの豊かな響きが融け合ったり、鮮やかに対比されたりと優秀録音といえる一枚です。


   同曲異演盤 : ギドン・クレーメル(vn)&キム・カシュカシヤン(va)



今日の写真 : おとめ座スピカ食      2013年8月12日18h50m撮影

a0085805_22304763.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆猪苗代町花火大会2013
[PR]
by fragile28 | 2013-08-15 20:48 | 室内楽曲

メンデルスゾーン/八重奏曲変ホ長調Op.20

a0085805_5123484.jpgram's café menu No.812 : 室内楽曲

演奏 : ゲヴァントハウス四重奏団
      ベルリン弦楽四重奏団

(  輸入盤 LP ETERNA 725 130  )






 メンデルスゾーンの八重奏曲は、4つのヴァイオリン、2つのヴィオラ、2つのチェロのために書かれていいます。ですから、八重奏団やイ・ムジチ合奏団やイタリア合奏団などは別として、通常は2つの弦楽四重奏団が共演することになります。この曲、メンデルスゾーンらしく明るく歌に溢れた良い曲なのですが、これだという決定盤がなくて、ただただ弦の厚みで掻きむしったようなうるさい演奏が多いのです。
 今日のお薦めの一枚は、第1ヴァイオリン、カール・ズスケが率いるゲヴァントハウスQt とベルリンQt との共演です。2団体とも音楽性に差異がなくまとまりがよくって、うるさくなりそうな楽曲が室内楽らしく爽やかで楽しく、しかも細やかに演奏されています。しかしこの曲、メンデルスゾーン16歳の時の作品というのですから驚きですね。


  昨夜、久し振りに「らん亭」で食事をしました。6月になるとメインは鱧しゃぶです。さらに昨夜は、この時期には珍しい虎河豚も、お造り、身皮の焼き物、白子のステーキなどいただきました。昨年食べ忘れた一品だったので、とても嬉しくなりました。河豚以外のお造りはアオリイカ、鯛、マコガレイでした。最後のご飯は、蛸と新ショウガの炊き合わせで蛸の表面がサッと焼いてあって、とても香ばしいですね。それに、先ほどの鱧しゃぶスープをかけて、最高に贅沢なお茶漬けでいただきました。いつもいつも美味しい料理をありがとうございます。ご馳走さまでした。


   同曲異演盤 : イタリア合奏団


今日の写真 : らん亭

a0085805_6134665.jpg


☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-06-23 06:43 | 室内楽曲