タグ:らん亭 ( 26 ) タグの人気記事

ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調Op.92

a0085805_14241379.jpga0085805_14245519.jpgram's café menu No.843 : 交響曲

演奏 : カルロス・クライバー
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DGG 2530 706  )







 GRFmemoryさんのブログで紹介されていた小学館の「クラシック プレミアム創刊号」を買ってみました。高音質のSHM-CDが付いて、創刊第1号のみ特別価格840円という破格のお値段でした。全50巻の曲目にざ~っと目を通すと、ほとんど手持ちのCD,LPと重複しています。それでも創刊第1号なので、どんな内容なのか購入してみました。連載記事が骨格になっていますが、<入門者にもわかりやすいクラシック音楽のガイドブック>+<歴史的名演奏、名録音を高音質で収録したSHM-CD>という内容です。堀江敏幸さんの連載エッセイ「音の糸」も読めて、本当に手ごろなクラシック入門書だと思います。

 今日のエントリーは、「クラシック プレミアム」創刊第1号で取り上げられた、カルロス・クライバー指揮「ベートーヴェン/交響曲第7番」です。楽曲案内と作曲家の足跡、演奏家の肖像など、簡単にですがこの本の中でも解説されています。この曲を評してワーグナーは「舞踏の神化」、リストは「リズムの神化」といったそうですが曲全体を貫く強烈で魅力的なリズムは、聴く者をわくわくとさせてくれます。楽曲案内の副題にあるように、<ニックネームはなくても素晴らしい交響曲第7番>です。



   同曲異演盤 : カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団



今日の写真 : 初春の香り #1   2014年1月18日撮影  いわき市フラワーセンター


a0085805_15231436.jpg

                                 蝋梅
                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )

a0085805_15241557.jpg

                                 素心蝋梅

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2014-01-19 15:44 | 交響曲

New Year's Concert 1988

a0085805_1002712.jpgram's café menu No.841 : 管弦楽曲

演奏 : クラウディオ・アバド
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DGG 423 662-1  )






                          あけましておめでとうございます
                          本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 


 お正月恒例のウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート」は、今や世界中へFMとTVで同時生中継され、最も多くの人が同時に視聴する新年の一大イベントになりました。そして今年の指揮者は、2009年に続き2度目となるダニエル・バレンボイム氏です。楽しみですね。

 さて拙ブログは8回目の新年ですが、本年最初のエントリーは、1988年のクラウディオ・アバドによる「New Year's Concert 1988」です。これが「ニューイヤー・コンサート」デビューとなったアバドですが、第一コンマス席には故ゲアハルト・ヘッツェル氏が座るウィーン・フィル全盛期のニューイヤー・コンサートでした。大病を克服した現在のアバドは、年齢を重ねていくほど演奏が若返ってゆく感じがしますが、1988年のこのころ、ウィーン・フィル楽員と比べてみれば、まだまだ《若造》?なんでしょうね(笑)。この演奏会ではウィーン・フィルらしい音色は感じますが、スマートで中庸な感じのウィンナ・ワルツでした。それでも、床を揺るがすような大砲の爆裂音には、驚いてしまいました(笑)。やはり映像があるかないかで、印象が大きく違いますね。観客のどよめきも録音されているだけに、残念!
 
 


   同曲異演盤 : 2013 New Year's Concert ヴェルザー=メスト/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert in Vienna  アバド/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             1992 New Year's Concert カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             1987 New Year's Concert ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー



今日の写真 : 初春の楽しみ 


a0085805_10205597.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
     

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2014-01-01 10:31 | 管弦楽曲

ブラームス/ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調Op.120-1

a0085805_1332742.jpgram's café menu No.829 : 室内楽曲

演奏 : タベア・ツィンマーマン(va)
      キリル・ゲルシュタイン(p)

(  輸入盤 SACD myrios classics MYR008  )








 ブラームスは61歳になってから、2曲のクラリネットのためのソナタを書いています。そして、この2曲がブラームスの室内楽曲の最後の曲となりました。終末期のブラームスの心に沈潜していた<深い諦め>に、色濃く染まったこの室内楽曲を、初秋の夕暮れに聴くというのは、余りにもピッタリし過ぎます。この2曲のクラリネット・ソナタは、ヴィオラとピアノでも演奏することができます。そしてヴィオラでの演奏だとブラームスらしい渋さが増して、しっとりとした秋色がより一層濃くなるようです。

 今日のお薦めは、タベア・ツィンマーマン&ゲルシュタインの「Sonatas for Viora & Piano Vol.2」です。ソナタ第2番が収録された「Vol.1」は3年くらい前に発売されていましたから、これでようやく2曲揃いました。ツィンマーマンのヴィオラはビロードのような肌触りの美音でありながら、生き生きとした張りもあります。ヴィオラの艶やかな音色と深みのある響きに惹かれます。
 

   同曲異演盤 : キム・カシュカシアン(va)&レヴィン(hf) 
             ジャック・ブライマー(cl)&デヴィッド・ロイド(p)

   


今日の写真 : 松茸コース   らん亭 ( 2013年10月5日撮影 )


a0085805_12162286.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-10-06 14:33 | 室内楽曲

メンデルスゾーン/八重奏曲変ホ長調Op.20

a0085805_5123484.jpgram's café menu No.812 : 室内楽曲

演奏 : ゲヴァントハウス四重奏団
      ベルリン弦楽四重奏団

(  輸入盤 LP ETERNA 725 130  )






 メンデルスゾーンの八重奏曲は、4つのヴァイオリン、2つのヴィオラ、2つのチェロのために書かれていいます。ですから、八重奏団やイ・ムジチ合奏団やイタリア合奏団などは別として、通常は2つの弦楽四重奏団が共演することになります。この曲、メンデルスゾーンらしく明るく歌に溢れた良い曲なのですが、これだという決定盤がなくて、ただただ弦の厚みで掻きむしったようなうるさい演奏が多いのです。
 今日のお薦めの一枚は、第1ヴァイオリン、カール・ズスケが率いるゲヴァントハウスQt とベルリンQt との共演です。2団体とも音楽性に差異がなくまとまりがよくって、うるさくなりそうな楽曲が室内楽らしく爽やかで楽しく、しかも細やかに演奏されています。しかしこの曲、メンデルスゾーン16歳の時の作品というのですから驚きですね。


  昨夜、久し振りに「らん亭」で食事をしました。6月になるとメインは鱧しゃぶです。さらに昨夜は、この時期には珍しい虎河豚も、お造り、身皮の焼き物、白子のステーキなどいただきました。昨年食べ忘れた一品だったので、とても嬉しくなりました。河豚以外のお造りはアオリイカ、鯛、マコガレイでした。最後のご飯は、蛸と新ショウガの炊き合わせで蛸の表面がサッと焼いてあって、とても香ばしいですね。それに、先ほどの鱧しゃぶスープをかけて、最高に贅沢なお茶漬けでいただきました。いつもいつも美味しい料理をありがとうございます。ご馳走さまでした。


   同曲異演盤 : イタリア合奏団


今日の写真 : らん亭

a0085805_6134665.jpg


☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-06-23 06:43 | 室内楽曲

TALES FROM THE VIENNA WOODS

a0085805_15595641.jpgram's café menu No.789 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
      アントン・カラス(ZITHER)

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6040  )






                    あけましておめでとうございます
                    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


 郡山市では先週の週間予報が見事に外れて、穏やかな元旦となりました。7時前には部屋から初日の出を見ることもできました。今年こそは、復興の光が見えるような一年になって欲しいと願うばかりです。

 さて元旦のエントリーですが、相変わらず今年もシュトラウス・ファミリーのワルツ、それもボスコフスキー&ウィーン・フィルという定盤中の定盤によるエントリーです。「TALES FROM THE VIENNA WOODS」と題されたこの一枚、ジャケットの写真は1963年のディズニー映画『ヨハン・シュトラウス』の一場面だそうですが、とてもわかりやすいジャケットです(笑)。SIDE1 に(1)スペイン行進曲、(2)ワルツ「南国のバラ」、(3)ポルカ「短いことづて」、(4)ワルツ「親しき仲」 そしてSIDE2 には、(1)ポルカ「テープは切られた」、(2)ポルカ「燃える恋」、(3)ワルツ「ウィーンの森の物語」、(4)ポルカ「取り壊し」、(5)ラデッキー行進曲 の全9曲が収録されています。ワルツ「親しき仲」はシュトラウスのオペレッタ「こうもり」の旋律が使われていて、とっても和んで、楽しくなるワルツです。またワルツ「ウィーンの森の物語」では、映画「第三の男」で有名なアントン・カラスのチターを聴くことができます。スピーカー右手前方から、ちょっと切なく哀愁を帯び、繊細でまろやかなチターの音色が聴こえてきます。もうこれは、絶品

 ところで拙ブログでのエントリーは1回あたり一枚ですが、これまですべて異なったCDやLPです。同曲異演盤が多いので偏った曲ばかりですが、ストレス発散&気分転換のために、毎日、好きな音楽をたくさん聴きます。今日もこのエントリーLP以外に、ボスコフスキー&ウィーン・フィルの 「千一夜物語」、アンドレ・クリュイタンス&パリ音楽院管弦楽団の「ラヴェル/管弦楽曲集第3,4集」、カラヤン&ウィーン・フィルの「ホルスト/惑星」などを聴きました。今年の元旦も《らん亭》の美味しいおせちをいただきながら、好きなクラシック音楽三昧の一日でした。ありがとうございました。



   同曲異演盤 : 「Johann Strauss Concert」ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「Great Strauss Waltzes」ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「ワルツ・ポルカ集」 クレーメル、グト、カシュカシアン、ヘルトナーゲル
              「VIENNA」 フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団
              「卒業記念舞踏会」 ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「千一夜物語」 ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「BONBONS VIENNOIS」 ルドルフ・ケンペ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「ワルツ・ポルカ集」 アルバン・ベルク四重奏団




今日の写真 : Happy New Year 2013

a0085805_2327830.jpg

                     ( 写真をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます )

☆おせち・・
[PR]
by fragile28 | 2013-01-01 18:53 | 管弦楽曲

Johann Strauss Concert

a0085805_14375583.jpgram's café menu No.743 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DECCA SXL 2082  )








 新しい年の最初の一枚は、かつてウィーン・フィルの<ニューイヤー>に 25回も登場したウィリー・ボスコフスキーの「Johann Strauss Concert」です。1957年DECCA録音のとても古いオリジナル盤(ED1)なので、少しチリ音はありますが、それでも素晴らしく音のいいLPです。ヨハン・シュトラウス2世の楽曲をメインに全9曲が収録されています。シャンパンのコルクを “ポン、ポン” と抜いたり、大量の風船を爆発させるような効果音など、遊び心満点の楽しい一枚です。そして、<古き良き時代のウィーン・フィル>の特徴とでもいう鄙びた感じの弦や木管の響きがとてもエレガント。 たゆたうようなゆったりとしたテンポのワルツ、小粋なポルカに大喝采!収録曲ですが、SIDE ONEには、1.「シャンパン・ポルカ」、2.ワルツ「ウィーン気質」、3.「新ピチカート・ポルカ」、4.ワルツ「愛の歌」、5.ポルカ「上機嫌(ヨーゼフ・シュトラウス)」、そしてSIDE TWOに、1.「爆発ポルカ」、2.ワルツ「ウィーンのボンボン」、3.ペルシャ行進曲、4.オペレッタ「くるまば草」序曲です。

 さて今夜の<ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサート2012>を指揮するのは、マリス・ヤンソンスです。私自身、これまであまり聴く機会のなかった指揮者なのですが、<ニューイヤー>には2回目の登場なのだそうですね。どんな指揮と演出をなさるのか、とても楽しみです。おそらく、「らん亭」のおせちをごちそうになりながら、ほろ酔い気分で聴いているでしょう(笑)。皆さま、本年も何とぞよろしくお願いいたします。



   同曲異演盤 : 「Great Strauss Waltzes」ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「ワルツ・ポルカ集」 クレーメル(vn)、グト(vn)、カシュカシアン(va)、ヘルトナーゲル(db)         
              「VIENNA」 フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団
              「卒業記念舞踏会」 ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「千一夜物語」 ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「BONBONS VIENNOIS」 ルドルフ・ケンペ/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              「ワルツ・ポルカ集」 アルバン・ベルク四重奏団




今日の写真 ; 春風献上

a0085805_16234649.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2012-01-01 16:29 | 管弦楽曲

チャイコフスキー/組曲第4番ト長調Op.61 「モーツァルティアーナ」

a0085805_925949.jpgram's café menu No.722 : 管弦楽曲

演奏 : ルッジェーロ・リッチ(vn)
      エルネスト・アンセルメ/スイス・ロマンド管弦楽団

(  輸入盤 LP DECCA SXL 6312  )








 作曲家モーツァルトを尊敬していたチャイコフスキーが、モーツァルトの作品をもとにアレンジをした曲が『組曲第4番』です。副題もわかりやすく「モーツァルティアーナ」となっていますが、全編にモーツァルトの有名な旋律がでてきて、モーツァルトへのオマージュのようなとても楽しい曲です。4つの曲から構成されていますが、第4曲だけが長大で他は2,3分程度の短い曲でできています。第1曲Gigue(原曲はK.574のジーグ)、第2曲Menuet(原曲はK.355のメヌエット)、第3曲Preghiera(原曲はK.618「アヴェ・ヴェルム・コルプス」をリストがピアノ編曲をした一節)、第4曲Theme and Variation(原曲はK.455の「グルックの歌劇<メッカの巡礼>の主題による10の変奏曲の一節)なのですが、いずれも弦楽器を中心とした綺麗な旋律ですから、とても心地よくて聴きやすいです。そして、曲によってフルートやクラリネット、ファゴットなどの木管楽器がちょっとした彩りを添えていくのですが、これもまた可愛らしいというか、とにかく楽しいです。演奏時間も20分程度なのでちょうど手ごろに聴ける長さですから、これは、チャイコフスキーの<隠れた名曲>です。

 ところでチャイコフスキーは生涯に4つの『組曲』を書いていますが、それは「交響曲第4番」の完成後の1879年からの約10年間に集中しています。この時期に「弦楽セレナード」や「マンフレッド交響曲」も書かれていますが、これらも多楽章からなる管弦楽曲でした。どうしてなのかな?と思って調べたら、クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~ というサイトに、それらしき推理が書かれていましたので、お断りもせずに引用させていただきますね。
 おそらくは、己のもてるものをすべて出し切ってしまって、次のステップにうつるためにはそれだけの充電期間が必要だったのでしょう。打ち出の小槌ではないのですから、振れば次々に右肩上がりで傑作が生み出されるわけではないのです。ところが、その充電期間をのんびりと過ごすことができないのがチャイコフスキーという人なのです。(抜粋)

 なるほど、なるほど・・。ゆっくり休めばいいのにね・・。



今日の写真 : 雛飾り

a0085805_9285626.jpg

                                    五人囃子
                    ( 画像をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
                       

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2011-02-20 15:40 | 管弦楽曲

New Year's Concert in Vienna

a0085805_15591037.jpgram's café menu No.704 : 管弦楽曲

演奏 : クラウディオ・アバド
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DGG 431 628-1  )







                     あけましておめでとうございます
                     本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


 お正月恒例のウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートは、今晩、ウィーン楽友協会から衛星生中継されます。指揮は小澤征爾氏の後任として、2010年秋からウィーン国立歌劇場音楽監督に就いているフランツ・ウェルザー=メストです。オーストリア出身指揮者のニューイヤー登場は、カラヤン以来24年ぶりとなるそうです。ところでウェルザー=メストは<2010年ウィーン・フィル来日公演>で、急遽エサ=ペッカ・サロネンの代役で、日本では1回だけ指揮をしたらしいのです。ウィーン国立歌劇場音楽監督ですから当然でしょうが、今夜のニューイヤーコンサートは全世界へと衛星生中継される大舞台です。飛躍への第一歩をしっかりと見届けたいと思います。期待に胸が高鳴ります(笑)。

 さて今年最初のエントリーは、1991年のアバドによる《New Year's Concert in Vienna 》です。HMVレビューを読むと、近年のニューイヤーコンサートでは、余り知られていなかったシュトラウス一族の秘曲や珍しい作品が披露されることも普通になったのですが、その先駆けがこの1991年のアバドだったらしいですね。このLPへの収録曲は全17曲です。ここには、モーツァルト作曲の「コントルダンス『もう飛ぶまいぞ』第1番K.609」、「コントルダンス第3番K.609」、「ドイツ舞曲『そり遊び』第3番K.605」やシューベルト作曲/マデルナ編曲の「ポルカ」や「ギャロップ」、エドゥアルト・シュトラウス作曲「カドリール『カルメン』Op.134」などの珍曲も収録されています。誠実で真面目な指揮が特徴だったアバドですから、茶目っ気や芝居っ気はほとんど感じません。でも、2回目のニューイヤーコンサート登場で、さばき巧者ぶりを遺憾なく発揮した楽しい演奏会だったと思います。


   同曲異演盤 : New Year's Concert ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              1992 New Year's Concert カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              1987 New Year's Concert ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  
      
         

今日の写真 : 謹賀新年


a0085805_17315765.jpg


おせち
[PR]
by fragile28 | 2011-01-01 17:43 | 管弦楽曲

Bösendorfer PIANO CONCERT

a0085805_15185768.jpgram's café menu No.679 : 木住野佳子

Portrait 2 The Premium BEST
(  国内盤 SHM-CD UCJ UCCY-10007  )







 2009年11月のコンサートは会津若松市の末廣酒造<嘉永蔵>で「鈴木重子&木住野佳子ジャズコンサート」でしたが、今年は<会津風雅堂>で木住野佳子さんのソロ「ベーゼンドルファー・ピアノコンサート」が、一昨日の10月8日 に開催されました。昨年のような空調設備の騒音もなく、音響がよいとの評判のコンサートホールでたっぷりとベーゼンドルファーの深い音色の豊かな響きを堪能させていただきました。素敵な時間をありがとうございました。しかし、広すぎる会場に極めて少ない観客でしたから、主催者でもないのに、何か木住野さんに申し訳ない感じで聴いていました。それでも会津のお酒と水、そして蕎麦はとても美味しいので、またまた次回も来福して欲しいと願っています。できれば浜通りのいわき市あたりで開催してくれると、嬉しいのですが・・。いわき市の<アリオス>にはベーゼンドルファーはないのかな~(笑)。

 演奏曲目ですが、前半は 1.Face  2.別れの曲(ショパン)  3.シチリアーノ(フォーレ)  4.ニュー・シネマ・パラダイス  5.モルダウの風 の5曲、そして休憩をはさんで後半は、6.雪待月  7.凛嶺  8.ダニー・ボーイ  9.ワン・ノート・サンバ  10.ワルツ・フォー・デビー  11.Con Passione(コンパシオーネ)でした。 アンコールでは「赤とんぼ(山田耕筰)」を演奏してくださいました。ベーゼンドルファーの深い音色を脳裏にしっかりと留めました。そして我が家のオーディオでどこまで近づけるか? これがまた、楽しみなんです。楽しい2時間はあっという間に過ぎていきました。

 
今日の写真 : らん亭   2010年10月9日撮影


a0085805_16384876.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

松茸コース
[PR]
by fragile28 | 2010-10-10 17:51

New Year's Concert

a0085805_1534231.jpgram's café menu No.573 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DECCA SXL 6256  )







                     あけましておめでとうございます
                     皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします
                     本年もどうぞよろしくお願い申し上げます



 2010年は穏やかに明けました。福島県南部の太平洋岸では、冬晴れの美しい初日の出でした。
 日の出前の西の空、山際近くにはまだ満月が残っていました。実は僅か2時間ほど前に部分日食があったのですが、私といえばそんなこともすっかり忘れていて、深い眠りの最中でした(笑)。何はともあれ幸いにも、初日の出は拝むことができました。

 さて今年最初の一枚は、ウィーン・フィルの《New Year's Concert 》です。今夜の中継には、2008年のニューイヤーで大成功を収めた、巨匠ジョルジュ・プレートルが2年ぶりに登場します。HMVのサイトにその演奏予定曲目が紹介されていますが、たぶん85歳とは思えないエネルギッシュで溌剌、そしてお洒落な演奏になるに違いないと、私の期待も高まるばかりです。

 今日のお薦めは、実に25回もウィーン・フィルの<ニューイヤー>に登場したウィリー・ボスコフスキーの一枚です。DECCA録音でもいわゆる「大デッカ溝ありED2」のオリジナル盤(3w-2w)で、素晴らしく音のいいLPです。中古ですが盤面もジャケットも新品同様の綺麗な状態でした。一目見て即買いしてしまいました(笑)。
 このLPには、ヨハン・シュトラウス2世の作品が8曲録音されています。SIDE ONEには、1.喜歌劇「ジプシー男爵」序曲、2.ポルカ・シュネル「観光列車」、3.ワルツ「酒・女・歌」、4.ポルカ「クラップフェンの森にて」、そしてSIDE TWOには、1.喜歌劇「ジプシー男爵」入場行進曲、2.ワルツ「水彩画」、3.トリッチ・トラッチ・ポルカ、4.ワルツ「諸人手をとり」です。溌溂と活気に溢れる演奏ですが、ワルツに浮かれるだけでなく、しんみりと音楽を味わう雰囲気も感じました。



今日の写真 : 謹賀新年

a0085805_162543100.jpg


おせち
[PR]
by fragile28 | 2010-01-01 16:57 | 管弦楽曲