タグ:モーツァルト ( 185 ) タグの人気記事

モーツァルト/クラリネット協奏曲イ長調K.622

a0085805_1394748.jpga0085805_13102650.jpgram's café menu No.844 : 協奏曲

演奏 : アレッサンドロ・カルボナーレ(cl)
      アバド/モーツァルト管弦楽団

(  輸入盤 DGG 477 9331  )







 先週初めの1月20日(月)、指揮者クラウディオ・アバド氏が逝去されました。氏は昨年6月26日に80歳の誕生日を迎え、10月にはルツェルン祝祭管弦楽団と来日し「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 松島2013」などへの参加のため7年ぶりに来日されるはずでしたが、健康上の理由からキャンセルになり、その後療養されていたそうです。
 1990年からカラヤンの後任として、ベルリン・フィル芸術監督に就任していましたが、2000年に胃癌の手術を受けた後、2002年にはその職を辞しています。しかし、03年にはルツェルン祝祭管弦楽団を編成し同音楽祭の中心的役割を果たしたり、04年には若手奏者によるモーツァルト管弦楽団を設立し後進の育成にも力を注ぐなど、奇跡的な復活を遂げていました。

 生前アバド氏は、現在のベルリン・フィル芸術監督サイモン・ラトルに、「私の病気は恐ろしかったけれど、その結果は悪いことばかりではなかった。私は今、体のなかから音楽が聴こえるような気がするのです。胃がなくなった代わりに、体の内側に耳ができたような…。これがどんなに素晴らしいことか、言葉にする術がありません。病気になった時、音楽が私を救ってくれた。それは間違いないことです」と述べていたそうです。

 2012年度レコード・アカデミー大賞を受賞したイザベル・ファウストとのベルク&ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でも、2013年の同協奏曲部門賞をに輝いたモーツァルトの管楽器のための協奏曲集でもバックを務めたのはいずれも、アバド指揮モーツァルト管弦楽団でした。このことについて音楽評論家の大木正純氏は、<名人集団の圧倒的な力量もさることながら、思うに解脱の境地と言うといささか大げさだが、澄み切ったアバドの、いわば超俗の心境が、それら名演奏の背景にあるのではないだろうか>と述べていますが、私もまったくその通りだと思います。ルツェルン祝祭管弦楽団やモーツァルト管弦楽団を指揮した時のアバドは力も抜けて、ベルリン・フィル時代の演奏とは別物の高みに達したような、自然な音楽の響きや流れを聴かせてくれました。本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。

 

   同曲異演盤 : ホープリッチ(basset clarinet)&ブリュッヘン/18世紀オーケストラ
             レオポルド・ウラッハ(cl)&ロジンスキ/ウィーン国立歌劇場管弦楽団
             アルフレート・プリンツ(cl)&ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団




今日の写真 : 初春の香り #2   2014年1月18日撮影  いわき市フラワーセンター


a0085805_14442344.jpg

                                 マンサク
                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2014-01-26 14:47 | 協奏曲

モーツァルト/レクイエムK.626

a0085805_5542431.jpgram's café menu No.842 : 声楽曲

演奏 : エディット・マティス(S)、ユリア・ハマリ(A)
      ヴィエスワフ・オフマン(T)、カール・リッダーブッシュ(B)
      カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
               &ウィーン国立歌劇場合唱連盟 

(  国内盤 DGG 3111-12  )





 今日は福島市音楽堂大ホールで福島楽友協会合唱団の「第52回定期公演」がありました。
 第1部.混声合唱とピアノのための組曲「夢の意味」 第2部.「あのころの唄」-Part Ⅳ- 第3部.モーツァルト/レクイエムK.626 そしてアンコールにモーツァルト/モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」K.618 という演目でした。なお伴奏を務めたのは、郡山市を中心に活動している室内オーケストラ、アマデウス室内管弦楽団でした。
 いつも聴いている高校生の女声コーラスとはちがって、さすがに成熟した大人の混声4部合唱でした。ガラス細工のような繊細な輝きではなく、とても力強くて安定し、包み込まれる安らぎを感じました。しっとりと成熟したソプラノは美しく優しく、危ういところはありません。ナマで成人のコーラスを聴いたのは、かなり昔のN響「第九」以来でしたが、『合唱王国ふくしま』の実力を再認識してきました。
 福島楽友協会合唱団は1990年創立で、これまで50回を超す定期公演、2回の東京公演、5回の海外公演や多数の特別講演を行ってきたそうです。これまでの演奏作品一覧には、バッハの「ロ短調ミサ」「ヨハネ受難曲」、モーツァルトの「戴冠ミサ」「レクイエム」「孤児院ミサ」「大ミサ」、ベートーヴェンの「荘厳ミサ」など有名曲はもちろん、ブラームス、フォーレ、ヴィヴァルディ、ペルト、ドヴォルザーク、ブルックナー、プーランク、ヘンデル、ロッシーニ等々、たくさんの作曲者名が記載されていました。クラシック界では、とかく<遠くの神様>ばかりが注目されますが、私たち「ふくしま」の地元の合唱団は、どれも『合唱王国』に相応しく素晴らしい演奏を聴かせてくれます。地元を誇りに思う素晴らしい演奏会でした。ありがとうございました。



   同曲異演盤 : ウィリアム・クリスティ/レザール・フロリサン
              カール・リヒター/ミュンハン・バッハ管弦楽団&合唱団


 
今日の写真 : 第52回定期公演   2014年1月13日 福島市音楽堂大ホール
 
a0085805_2202240.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
     
[PR]
by fragile28 | 2014-01-13 22:02 | 声楽曲

モーツァルト/オーボエ四重奏曲ヘ長調K.370

a0085805_15275760.jpgram's café menu No.836 : 室内楽曲

演奏 : ピエール・ピエルロ(ob)
      パスキエ・トリオ

( 輸入盤 LP BAM LD 500.065  )






 今日のお薦めの一枚は、1950~90年代にかけて活躍したフランスの名オーボエ奏者、ピエール・ピエルロとパスキエ・トリオのLPです。ピエルロは1946年からジャン=ピエール・ランパルやジャック・ランスロ、ポール・オンニュとともに演奏活動をはじめ、1951年にはロベール・ヴェイロン=ラクロワらとパリ・バロック・アンサンブルを結成して、数々の名盤をフランスのERATOやBAMに遺しました。

 前回にエントリーしたホリガー盤では、オーボエの美しい残響と余韻が、躊躇うことなく天空にまで伸びていって爽やかな印象が強かったのですが、それよりも30年も前に録音されたピエルロ&パスキエ・トリオの仏BAM盤の演奏では、少しまろやかな響きで温かさと寛ぎを感じさせるような音色です。そしてジャン・パスキエ(vn)、ピエール・パスキエ(va)、エティエンヌ・パスキエ(vc)のパスキエ・トリオの弦も馥郁とした響きでオーボエに呼応し、とてもしみじみとした愉しい演奏ですね。そして驚くことには、とてもとても録音がいいのです。およそ1950年代後期の録音だとは信じられません。
 なおこのオーボエ四重奏曲にカップリングされた2つのピアノ三重奏曲、第2番K.442「テンポ・ディ・メヌエット」と第6番K.542では、ロベール・ヴェイロン=ラクロワがピアノで参加しています。こちらもいい演奏です。



   同曲異演盤 : ハインツ・ホリガー(ob)/オルランド弦楽四重奏団


今日の写真 : 小春日和

a0085805_16422884.jpg

                      ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
[PR]
by fragile28 | 2013-11-24 16:43 | 室内楽曲

モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452

a0085805_16333793.jpga0085805_17122417.jpgram's café menu No.834 : 室内楽曲

演奏 : ワルター・ギーゼキング(p)
      フィルハーモニア管楽四重奏団

(  輸入盤 LP Columbia FCX 543  )







 弦楽器の入らないピアノと管楽の五重奏曲は、この楽器編成がもたらす音の色彩やふくよかな表情が素晴らしくよくって、天才モーツァルトならではの名曲です。『これは自分が今までに書いた最も美しい曲』とモーツァルトは父への手紙の中でこの曲を表現したそうです。確かに、ピアノと管楽器がいずれも対等に艶やかな響きで活躍し、管楽アンサンブルの素晴らしさを思う存分に満喫できる内容です。今日はこの曲を、モノラル期の決定盤として有名なギーゼキング盤(1955年録音)で聴きたいと思います。木管にはシドニー・サトクリフ(ob)、バーナード・ウォルトン(cl)、デニス・ブレイン(hrn)、セシル・ジェームス(fg)といった、1950年代英国のトップ奏者たちが参加しています。

 

   同曲異演盤 : ブレンデル(p)&ホリガー、ブルンナー、バウマン、トゥーネマン
             アシュケナージ(p)&ロンドン管楽ソロイスツ
             アンドレ・プレヴィン(p)&ウィーン管楽合奏団




今日の写真 : 東京都葛西臨海水族園    2013年11月5日撮影


a0085805_1712946.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-11-09 18:09 | 室内楽曲

モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K.452

a0085805_14181085.jpgram's café menu No.831 : 室内楽曲

演奏 : アンドレ・プレヴィン(p)
      ウィーン管楽合奏団

(  輸入盤 TELARC CD-80114  )







 三連休最終日、いかがお過ごしですか?

 今日は朝から風もなく、ぽかぽか陽気の穏やかな一日です。足早に秋色に染まってきた美しい景色を求めて繰りだした方々で、行楽地は大変な賑わいでしょうね。私は朝早くに猪苗代湖へ出かけて行き、湖面から沸き立つ朝霧と東雲色に染まった空の写真を撮ってきました。鏡のような湖面に映った磐梯山も綺麗でした。静寂の中、朝霧が少しずつ動いたり暁の空が刻一刻と変化していくさまも、とても神秘的で美しいです。

 さて、こんな神秘的な景色にピッタリな曲といえば、やはりモーツァルトのこの「五重奏曲K.452」でしょう。この曲は、ピアノとオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットの特殊な楽器編成ですが、音の色彩や馥郁とした表情がとっても素晴らしいのです。今日はこれをプレヴィン&ウィーン管楽合奏団による85年テラーク録音の優秀録音盤で聴きます。トゥレチェック(ob)、シュミードル(cl)、アルトマン(hrn)、ファルトル(fg)によるウィーン情緒たっぷりの典雅な響きと、プレヴィンのピアノの優しさにうっとりです(笑)。


   同曲異演盤 : ブレンデル(p)&ホリガー、ブルンナー、バウマン、トゥーネマン
             アシュケナージ(p)&ロンドン管楽ソロイスツ




今日の写真 : 東雲色の静寂    2013年10月14日撮影

a0085805_15515426.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-10-14 14:47 | 室内楽曲

モーツァルト/vn、va のための二重奏曲第2番変ロ長調K.424

a0085805_19502531.jpgram's café menu No.821 : 室内楽曲

演奏 : レイチェル・ポッジャー(vn)
      ジェーン・ロジャーズ(va)

(  輸入盤  CHANNEL CLASSICS CCS SA 32411  )






 
 お盆の週だというのに、相も変わらず、忙しくしています。

 8月12日、現勤務校では久し振りになる「ペルセウス座流星群観測会」と「スピカ食観測会」を開催しました。部員は僅か7名ですが、初めて徹夜で流星を観測したという生徒もいて、とても楽しい一晩でした。スピカ食の方は、スピカの潜入は確認できたのですが、出てくるころに薄雲がかかってしまい、ちょっと残念! でもこれだけだって、初めての体験で貴重な観測会になりました。徹夜明けの翌13日、私は親戚のお墓参りに同行し、そのまま猪苗代町の花火大会を見物してきました。さすがに、歳をも省みない強行スケジュール! 寝不足で、少し疲れがたまってしまいました(笑)。

 今日のお薦めの一枚は、古楽器奏者のデュオ・アルバムです。拙ブログのここでも書きましたが、ハイドンの弟のミハエル・ハイドンはザルツブルグの大司教から、ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲を6曲書くように依頼されたのですが、4曲を書き終わって病気になってしまいました。でも友人であったモーツァルトが彼に代わって残りの2曲を完成したそうです。その6曲から2曲ずつ選んで録音したのがこのディスクです。

 SACD盤ということもあって、ヴァイオリンとヴィオラの音がとても美しいです。さらにヴァイオリンの伸びやかで緻密な音とヴィオラの豊かな響きが融け合ったり、鮮やかに対比されたりと優秀録音といえる一枚です。


   同曲異演盤 : ギドン・クレーメル(vn)&キム・カシュカシヤン(va)



今日の写真 : おとめ座スピカ食      2013年8月12日18h50m撮影

a0085805_22304763.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆猪苗代町花火大会2013
[PR]
by fragile28 | 2013-08-15 20:48 | 室内楽曲

モーツァルト/セレナード第13番ト長調K.525

a0085805_1330162.jpgram's café menu No.807 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・モーツァルト合奏団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6420  )








 薄曇りですが、GW最終日には十分すぎるほどの暖かさと爽やかさですね。まさしく、<What a beautiful day!>

 今日のエントリーは、この陽気にぴったりな曲です。「アイネ・クライネ・ナハトムジーク(小夜曲)」という愛称で親しまれている「セレナード第13番」ですが、モーツァルト自身はこの「セレナード」という表題を全く使わなかったそうです。ザルツブルク時代のモーツァルトが書いた「セレナード」は管楽器編成による6楽章以上の曲がほとんどであることから、後世になってこの曲を「セレナード」と呼ぶことは適切ではないそうです。確かに、作曲の経緯も明らかではないのですが、弦五部による編成でしかも4楽章構成となっています。揚げ句には、コントラバスを含んだ弦楽五重奏用なのか、あるいは弦楽合奏なのかはっきりしないようです。にもかかわらず、この超ポピュラーな名曲には「セレナード」という表題が付けられたCDやLPが多いです。

 《ボスコフスキー&ウィーン・モーツァルト合奏団》による「モーツァルト/セレナード集」ですが、ようやく今日のエントリー「Vol.3」でVol.1~Vol.9までの全集が完結しました。演奏も音質も素晴らしくいいので、どれも安心して聴ける一枚です。ウィーン情緒がたっぷりと香って、じつに華やかな雰囲気の肩の凝らない音楽に仕上がっています。今日のこの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」もどこまでも伸びやかで自由闊達! 微笑みいっぱいの愉しさにあふれていて、とても爽やかな演奏です。


  同曲異演盤 : カール・ミュンヒンガー/シュトゥットガルト室内管弦楽団
            ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団




今日の写真 : ユキヤナギ

a0085805_1745859.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-05-06 14:45 | 管弦楽曲

モーツァルト/vn、va のための二重奏曲第1番ト長調K.423

a0085805_14383393.jpgram's café menu No.798 : 室内楽曲

演奏 : レジス・パスキエ(vn)
      ブリュノ・パスキエ(va)

(  輸入盤 LP 仏harmonia mundi HM 1052  )








 1927年にジャン、ピエール、エティエンヌという三人の兄弟によってパリで結成されたパスキエ・トリオは、「三重奏団」の草分けとして有名ですが、今日のレコードにクレジットされたレジス・パスキエとブリュノ・パスキエは、そのパスキエ・トリオのヴィオラ奏者ピエール・パスキエの子息のようです。1980年代、チェロのローラン・ピドゥーを加えた「レ・ミュジシャン」というトリオ名で、ハルモニア・ムンディ・フランスにいくつかの録音を残しましたが、ほとんどCD化もされず廃盤となってしまいました。今日のお薦めの「モーツァルト/vn、va のための二重奏曲第1番、第2番」をレコードで聴く限り、親譲りとでもいうような洗練された美しさと、細やかな表現がとてもいいですね。こんな名演奏がCD化されずこのまま忘れられていくのは、余りにも残念なことです。


 今日は、いわき市フラワーセンターのクリスマスローズを見てきました。Wikipediaによれば、「クリスマスローズという呼称はクリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけをさした呼称であるが、日本の園芸市場では2月から3月に開花する「レンテン・ローズ」と呼ばれる「ヘレボルス・オリエンタリス」などもクリスマスローズの名前で出回る。」とありました。ここの花壇に露地植えされたクリスマスローズ(レンテン・ローズ)の蕾はまだ堅く、辛うじて温室の中の株だけが満開でした。やや大きめの花ですが清楚な趣があって、見ているだけで癒やされる感じです。冬の寒さや雪にも耐えて、こうして春先、花を付けます。とてもとても芯が強そうですね。



今日の写真 : クリスマスローズ   2013年2月17日撮影


a0085805_15481573.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-02-17 15:52 | 室内楽曲

モーツァルト/ディヴェルティメント第2番ニ長調K.131

a0085805_17132982.jpgram's café menu No.797 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・モーツァルト合奏団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6366  )







 福島県は気候・風土の大きく異なる3つの地域、「浜通り・中通り・会津地方」から成り立っています。福島県民は「はま・なか・あいづ」ということばで、東西に広がった大きな県土を直観的に意識します。特に春浅いこの季節に、雪深い会津や冷たい北風の吹き荒れる中通りからいわき市へ行ってみると、日射の違いと暖かさに春の訪れを感じるとともに、県土の広がりを再認識することになります。

 三連休の最終日、郡山市は小雪混じりの冷たい北風がピューピューと吹き荒れていました。しかしそんな強風でも、気紛れのようにふと止む瞬間もあって、日射しに春のぬくもりを感じることができます。少しずつ春へと向かっている兆しを、どうにか感じることができるくらいにまでなりました。ぽかぽか陽気のお散歩日和になるのには少し時間が必要ですが、もうしばらくの辛抱でしょうね。今日は、「原発事故」による避難指示区域の見直しに関する「富岡町住民説明会」がありました。この見直しで、私の地区は「帰還困難区域」とはなりましたが、この区域見直しができなければ、除染も宅地・建物の財物賠償も先へ進みません。それを考えれば、これも一歩前進。何年後かは不明ですが、暖かい春の日射しを浴びながらお散歩したいと願っています。

 さて今日のお薦めは、《ボスコフスキー&ウィーン・モーツァルト合奏団》によるモーツァルトの「セレナード集Vol.2」から「ディヴェルティメント第2番K.131」です。第1楽章アレグロから足どり軽く爽やかです。モーツァルト16歳の時の作品らしいですが、ニ長調の陽気さ・明るさを基本としながら抒情的・ロマン的な歌もあって、とても親しみやすい曲でした。
 
 



今日の写真 : 春の日射し    素心蝋梅

a0085805_17222373.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
[PR]
by fragile28 | 2013-02-11 20:27 | 管弦楽曲

モーツァルト/ディヴェルティメント第11番ニ長調K.251

a0085805_19452292.jpgram's café menu No.795 : 管弦楽曲

演奏 : ウィリー・ボスコフスキー
      ウィーン・モーツァルト合奏団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6670  )







 1776年に作曲されたこの「ディヴェルティメント第11番」は、ヴァイオリン2、ヴィオラ、コントラバスの弦4とオーボエ、ホルン2の管3というユニークな楽器編成です。そして、姉ナンネルの霊名の祝日を祝うために書かれたので、「ナンネル・セプテット」という渾名で呼ばれることもあります。終楽章はフランス風マーチ(Marcia alla francese)と題されていますが、第1楽章冒頭から、第1ヴァイオリンよりもオーボエが活躍するところもあって、ちょっとお洒落な<フランス趣味>のオーボエ協奏曲ような雰囲気の曲です。

 今日はこの曲を、、英DECCAの「モーツァルト・セレナード集Vol.8」として1973年に発売された、ボスコフスキー&ウィーン・モーツァルト合奏団の録音でエントリーします。言うまでもなく、演奏は天下一品の上手さなので、今日もモーツァルトの美しい音楽をゆったりと楽しむことができます。
 


今日の写真 : 初春の香り #2   マンサク   いわき市フラワーセンター


a0085805_1950328.jpg

                       ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )
 

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-01-27 21:00 | 管弦楽曲