タグ:植物園 ( 124 ) タグの人気記事

モーツァルト/クラリネット協奏曲イ長調K.622

a0085805_1394748.jpga0085805_13102650.jpgram's café menu No.844 : 協奏曲

演奏 : アレッサンドロ・カルボナーレ(cl)
      アバド/モーツァルト管弦楽団

(  輸入盤 DGG 477 9331  )







 先週初めの1月20日(月)、指揮者クラウディオ・アバド氏が逝去されました。氏は昨年6月26日に80歳の誕生日を迎え、10月にはルツェルン祝祭管弦楽団と来日し「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 松島2013」などへの参加のため7年ぶりに来日されるはずでしたが、健康上の理由からキャンセルになり、その後療養されていたそうです。
 1990年からカラヤンの後任として、ベルリン・フィル芸術監督に就任していましたが、2000年に胃癌の手術を受けた後、2002年にはその職を辞しています。しかし、03年にはルツェルン祝祭管弦楽団を編成し同音楽祭の中心的役割を果たしたり、04年には若手奏者によるモーツァルト管弦楽団を設立し後進の育成にも力を注ぐなど、奇跡的な復活を遂げていました。

 生前アバド氏は、現在のベルリン・フィル芸術監督サイモン・ラトルに、「私の病気は恐ろしかったけれど、その結果は悪いことばかりではなかった。私は今、体のなかから音楽が聴こえるような気がするのです。胃がなくなった代わりに、体の内側に耳ができたような…。これがどんなに素晴らしいことか、言葉にする術がありません。病気になった時、音楽が私を救ってくれた。それは間違いないことです」と述べていたそうです。

 2012年度レコード・アカデミー大賞を受賞したイザベル・ファウストとのベルク&ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でも、2013年の同協奏曲部門賞をに輝いたモーツァルトの管楽器のための協奏曲集でもバックを務めたのはいずれも、アバド指揮モーツァルト管弦楽団でした。このことについて音楽評論家の大木正純氏は、<名人集団の圧倒的な力量もさることながら、思うに解脱の境地と言うといささか大げさだが、澄み切ったアバドの、いわば超俗の心境が、それら名演奏の背景にあるのではないだろうか>と述べていますが、私もまったくその通りだと思います。ルツェルン祝祭管弦楽団やモーツァルト管弦楽団を指揮した時のアバドは力も抜けて、ベルリン・フィル時代の演奏とは別物の高みに達したような、自然な音楽の響きや流れを聴かせてくれました。本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。

 

   同曲異演盤 : ホープリッチ(basset clarinet)&ブリュッヘン/18世紀オーケストラ
             レオポルド・ウラッハ(cl)&ロジンスキ/ウィーン国立歌劇場管弦楽団
             アルフレート・プリンツ(cl)&ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団




今日の写真 : 初春の香り #2   2014年1月18日撮影  いわき市フラワーセンター


a0085805_14442344.jpg

                                 マンサク
                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2014-01-26 14:47 | 協奏曲

ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125「合唱付き」

a0085805_113574.jpgram's café menu No.840 : 交響曲

演奏 : ヒルデ・ギューデン(S)、ロゼッテ・アンダイ(A)
      ユリウス・パツァーク(T)、アルフレッド・ペル(B) 
      ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団&ウィーン・ジングアカデミー

   録音 : 1952年2月3日(Live)
(  輸入盤 フルトヴェングラー協会 TMK-002038  )






 年末恒例といえば、もちろん『第九』も忘れてはいません(笑)。

 今日はフルトヴェングラー&ウィーン・フィルによって1952年2月ウィーン楽友協会大ホールで行われたオットー・ニコライ記念演奏会でのライヴ録音をエントリーします。
 フルトヴェングラーの『第九』はたくさん(10種類以上)のライヴ録音が残されていて、同じ録音で異なる国とレーベル、あるいはリマスタリングやSACD化されたりして、それこそ数え切れない<同演異盤>が存在します。その中の名演奏・決定盤としては、バイロイト祝祭歌劇場管弦楽団とのライヴ録音(1951年)とフィルハーモニア管弦楽団との「ルツェルンの『第九』」ライヴ録音(1954年)の2種類がよく知られています。フルトヴェングラーの録音は、演奏が素晴らしくても音質が良くないのが多いですが、これらの録音はすでにSACD化されていて、その演奏の素晴らしさをたっぷりと堪能することができます。

 ところで今日のお薦めの一枚、1952年2月のライヴ録音は不朽の名演といわれる「バイロイト盤」から僅か半年後の演奏会の記録です。フルトヴェングラーの気力・体力はさらに充実しただろうし、しかもオーケストラがウィーン・フィルなのです。「バイロイト盤」の勢いの優った演奏とはかなり異なり、ゆっくりとしたテンポで美しく歌い、そして崇高で強靱な意志を感じさる大変な名演奏でした。おそらくは、1951年「バイロイト盤」に勝るとも劣らない、フルトヴェングラーの『第九』の決定盤になるかも知れません。



   同曲異演盤 : フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団(1951年)
             ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1979年普門館)
             オットー・クレンペラー/フィルハーモニア管弦楽団(1957年)
             フルトヴェングラー/フィルハーモニア管弦楽団(1954年) 
             ヘルベルト・フォン・カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団(1955年)
             ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1963年)
             クラウディオ・アバド/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団  
             フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団(1951年ORFEO盤)
             ハンス・シュミット=イッセルシュテット/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1970年)
             ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1977年普門館)
             フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団(1951年)
             カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1980年)




今日の写真 : 2013年のバラ   2013年11月3日撮影  神代植物公園

                     ファルツァー・ゴールド
a0085805_10304952.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-12-29 10:39 | 交響曲

ビゼー/美しきパースの娘

a0085805_21181976.jpgram's café menu No.833 : 管弦楽曲

演奏 : エルネスト・アンセルメ
      スイス・ロマンド管弦楽団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 2275  )






 2013年は「ミスターローズ」と呼ばれた世界的なバラ育種家、鈴木省三氏の生誕100周年の年でした。神代植物公園には、鈴木省三氏が作出した130以上の新品種のうち約30品種のバラが植栽されているそうですが、今年の「春・秋のバラフェスタ」ではそれら名花誕生にいたる系譜がわかるような工夫が見られました。生誕100周年の記念パンフレット<Mr.Rose 鈴木省三のバラが咲いています>には彼が作出した品種は朱書きされ、それがバラ園のどの区画にあるのかが示されていて、そしてその植栽場所には交配親まで書かれた表示札が新たに設置されていました。とてもわかりやすくて、彼のバラ育種に注いだ情熱と研究心をストレートに感じることができました。今年のバラフェスタも11月4日ですべて終了しました。私的には、いつもより少し詳しくバラを見て歩くことができたように思います。ありがとうございました。

 さて今日のお薦めの一枚は、ビゼー作曲の「美しきパースの娘」です。同名歌劇から前奏曲、セレナーデ、行進曲、ボヘミアン舞曲の4曲が収録されています。アンセルメの指揮で色彩感と躍動感にあふれる音楽が広がり、まるで目の前にバレエの踊りが展開されるような感じですね。録音もとてもいいです。



今日の写真 : 秋バラ #3

a0085805_2263483.jpg
                                    夕霧
                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-11-05 22:16 | 管弦楽曲

ヘンデル/ハープ協奏曲変ロ長調Op.4-6

a0085805_206837.jpgram's café menu No.830 : 協奏曲

演奏 : リリー・ラスキーヌ(hp)
      ジャン=フランソワ・パイヤール/パイヤール室内管弦楽団

(  輸入盤 LP ERATO STE 50271  )







 秋には似合わない暑さが続きますが、もうすっかり<秋バラ>のシーズン到来です。散歩がてら、近くの公園のバラ園を覗いてきました。品種によっては、少し前に見頃を過ぎたものも多くて、ちょっと残念! 揚げ句には西風が予想外に強くて、バラの甘い香りもどこかへ吹っ飛んでしまいました。園内をうろうろしてると、もっとちゃんと<秋バラ>を見たいっていう煩悩ばかりが沸々と湧いてきました。明日は全国的に日本晴れ! 風も弱そう~♫ おでかけ日和ですね(笑)。

 さて今日のエントリーはヘンデル作曲「ハープ協奏曲」ですが、もともと「オルガン協奏曲第6番」を編曲したもののようです。でもこの旋律はハープの音色にぴったりで、ハープの煌びやかな音色と気品に満ちた雰囲気、美しさはとても素晴らしいですね。特に第1楽章冒頭、いろんなところでBGMとして使われていて、知らない人はいないくらい有名でしょう。3楽章でも15分程度の比較的短い曲ですが、とても心地よくって、軽やかな気分になってきました。



今日の写真 : 秋バラ

a0085805_21181897.jpg

                                リリベット
                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-10-13 21:27 | 協奏曲

リヒャルト・シュトラウス/交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」Op.30

a0085805_21294389.jpgram's café menu No.828 : 管弦楽曲

演奏 : ヘルベルト・フォン・カラヤン
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1959年録音)

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 2154  )







 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭部は、とてもよく知られています。オルガンの重低音、トランペットの壮麗な響きや堂々たるティンパニなど、色彩豊かな管弦楽がいきなりの全開なんですからね、これはもうたまりません(笑)。 ところが・・、この導入部に続く8つの部分については、余り知られているとはお世辞にも言えません。摩訶不思議ですね~。
 一応、<後の世の人々について>、<大いなる憧れについて>、<歓喜と情熱について>、<埋葬の歌>、<科学について>、<病から回復に向かう者>、<舞踏の歌>、<さすらい人の夜の歌>と標題も付けられているのですが、どんな旋律であったのか思い出して口ずさむことができません。にもかかわらず全曲に聴き慣れてくると、終結に向かって自然と落ち着くというか、スムーズな流れが心地よく感じられもします。

 今日のエントリーはカラヤンの1953年録音盤です。この曲のカラヤン第1回目の録音ですが、英DECCAへのホルスト/組曲「惑星」などとともに、この曲を世界的に有名にしたとされる名盤です。
 


   同曲異演盤 : ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1973年録音)
             ヘルベルト・フォン・カラヤン/ベルリン・フィル(1983年録音)




今日の写真 : 曼珠沙華    2013年9月28日撮影  仙台市野草園

a0085805_16122773.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-09-29 17:29 | 管弦楽曲

A Concert At The White House

a0085805_1858784.jpgram's café menu No.827 : 室内楽曲

演奏 : パブロ・カザルス(vc)、ミエチスラフ・ホルショフスキー(p)
      アレクサンダー・シュナイダー(vn)

(  輸入盤 LP COLUMBIA KL 5726  )








 今日は、朝から雲一つない秋晴れ! 絶好の行楽日和でした。

 仙台市野草園の「萩まつり」は先週末で終了でした。いくらお出掛け日和の陽気といえど、さすがに今日は閑散としてますね。でもじっくり園内を散策するには、とても好都合です。
 さて今日の収穫は、南下途中のアサギマダラに出会えたことです。アサギマダラは本州を北限に、主に中国南部や東南アジアに生息し、長距離移動するといわれる大型のチョウです。2009年6月、やはり仙台市野草園で見かけた記事を拙ブログにアップしましたが、それ以来ということになります。あの時も今回も、場所は野草園「高山植物区」のフジバカマの花の所です。園内の他の所にもフジバカマはたくさんあるのですが、どういう理由か、「高山植物区」の入口付近のフジバカマがお気に入りのようですよ(笑)。

 ところで、野草園のハギですが、まだまだ「ハギのトンネル」や芝生広場のハギは見頃が続いています。ミヤギノハギやツクシハギなど、野草園には14種類ものハギが植栽されているそうですから、今しばらく楽しむことができますね。

 今日のお薦めは、世界平和を訴え続けた偉大なカザルスの『ホワイトハウス・コンサート』の貴重なドキュメントです。カザルス85歳の誕生日目前のコンサート(1961年11月13日)ですが、年齢を感じさせない力強い演奏は、まさに感動の記録です。演奏曲目は、メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第1番、クープラン/チェロとピアノのための演奏会用小品、シューマン/アダージョとアレグロ、カタロニア民謡/鳥の歌の4曲です。



今日の写真 : 仙台市野草園     2013年9月28日撮影

a0085805_22292711.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

 

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-09-28 22:48 | 室内楽曲

ドヴォルザーク/交響曲第1番ハ短調「ズロニツェの鐘」

a0085805_1646521.jpgram's café menu No.816 : 交響曲

演奏 : イシュトヴァン・ケルテス/ロンドン交響楽団
(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 6288  )








 暑中お見舞い申し上げます


 今年もまた異常気象です。
 7月初めにいきなり真夏の訪れでしたが、中旬以降はず~っと、梅雨空の毎日でした。しかも、半端ない雷雨と<かつて経験したことのない豪雨>の連続で、各地で大きな被害も出ました。天気予報でたまに上空の偏西風について解説していますが、今年は平年よりも偏西風波動が大きいようですね。北極付近の温度が上がり低緯度との温度差が小さくなると、偏西風の波動が大きくなることは、卓上のモデル実験で確かめられますが、それとよく似た状況だと思います。これは地球温暖化の影響ですが、さらに長いスパンでみると、もしかしたら新しい氷期への第一歩かも知れません。

 私にとっての最後の夏休み(来年からは、毎日が日曜日のつもり・・)は、いつものように3年生の夏季課外から始まりました。以前に勤務していたころは200分×5日間の「集中講座」でしたが、さすがに現在はちょっと楽になり、100分×8日間でした。それでも教科書の8~9割は復習できるので、かなり有効な夏季課外ではあります。少しずつ実力を付けさせながら、センター試験本番では100%の力を発揮してもらいたいと願っています。「砂上の楼閣」にならぬよう、基礎から確実に学習させたいと思います。

 今日のエントリー曲は、ケルテス&ロンドンSO.がDECCAに録音した「ドヴォルザーク/交響曲全集」の一枚です。「第1番」にはドヴォルザーク自身による「ズロニツェの鐘」という副題がついていますが、ズロニツェというのはドヴォルザークが少年時代を過ごした町のようです。しかし「・・の鐘」とありますが、鐘の音らしきものはでてきませんでした。因みにこのジャケットは、16世紀フランドルの画家、ピーテル・ブリューゲルが描いた「バベルの塔」です。ケルテス&ロンドンSO.によるドヴォルザークの「交響曲全集」のLP9枚は、すべてこのブリューゲルの絵画がジャケット・デザインになっています。



今日の写真 : 国立博物館付属自然教育園    2013年7月28日撮影


a0085805_1613387.jpg

                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-07-31 16:23 | 交響曲

ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調Op.67「運命」

a0085805_21173931.jpgram's café menu No.809 : 交響曲

演奏 : アンドレ・クリュイタンス
      ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

( 国内盤 ETERNA TRADING CDR 039GD  )







 今日は弟が遊びにやってきて、しばし、ハイレゾ音源のオーディオ談義・・。

 弟は最近、せっせとLPレコードのアナログ音源をデジタル化して、PC/Macから無線LANでNASにコピーしているとのこと。またインターネットでハイレゾ音源のサイトから、楽曲をダウンロードしてこれもNASにコピーし、音楽ライブラリーを増やしているらしいのです。実際に彼のMacでONKYOの24bit/96kHzのハイレゾ配信のカラヤン/ベルリン・フィルによる「新世界」を聴かせてもらいました。CDよりもはるかに高音質なんだから、いいよ~と彼は言うのですが、1曲のダウンロード価格が2、500円! とてもとても高すぎます。LPやCDソフトをたくさん抱えている私の選ぶ道ではなさそうです。それでも、素人が簡単にLPレコードをCD化することができるのには、興味が湧いてきました。

 最近、輸入LPクラシック専門店の某社が、版権の切れたオリジナルLP盤をCD-R化して販売しています。<50年という音源の版権切れ、またデジタル技術の進歩により手の届かなかった高額なLPの片鱗だけでも多くの方に低価格で楽しんで頂く事は可能となりました。人間の耳はデジタル化された音を芸術として認識できる能力も備えています。良質な音楽が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。>と何とも嬉しい言葉です。

 今日のお薦めの一枚は、そのCD-Rリストからの一枚、原盤は仏VSM ASDF107です。このクリュイタンス&ベルリン・フィルのベートーヴェンは中古輸入LPのオークション市場でも、目が飛び出るような超高額の一枚として有名です。因みに全集でのオークション即決価格は120万円だそうですよ(驚)。



   同曲異演盤 : カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団



今日の写真 : Spring Rose Festa #2      神代植物公園

a0085805_19235890.jpg

                                 ファビュラス!
                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-05-26 20:41 | 交響曲

ウェーバー/6つのヴァイオリン・ソナタOp.10

a0085805_1133612.jpgram's café menu No.805 : 室内楽曲

演奏 : イザベル・ファウスト(vn)
     アレクサンドル・メルニコフ(p)

(  輸入盤 harmonia mundi HMC 902108  )







 「スプリング・エフェメラル(spring ephemeral)」と呼ばれる可憐な花たちをご存じでしょうか?

 雪がすっかり融けた樹林の下で暖かな春の陽射しを受けて一斉に蕾を出し、瞬く間に可憐な花を咲かせるのですが、春先の花が終わり夏まで葉をつけると、その後は地下で過ごす花たちのことです。ephemeral は「はかない,短命の,つかの間の」を意味する形容詞で、「スプリング・エフェメラル(spring ephemeral)」は、直訳的には「春の儚いものたち」と訳されるそうです。早春の花として有名なカタクリやニリンソウ、キクザキイチゲ、ショウジョウバカマなどが代表的ですがいずれも小柄なのに花は大きく、華やかな色彩を持つものが多いですね。

 そんなスプリング・エフェメラルたちの季節だというのに、今日の郡山市は季節外れの雪に見舞われています。先週の半ばに開成山公園の桜も散ったというのに、何という気紛れな春の陽気なのでしょう。

 さて今日のエントリーは、イザベル・ファウストの最新盤、ウェーバーの室内楽作品集です。
 ウェーバーといえば、「魔弾の射手」がとにかく有名ですが、室内楽は僅か9曲(完成されたもの)しか残していないそうです。そして、そのうち8曲はピアノを含む編成の曲のようです。この「6つのヴァイオリン・ソナタ」は「アマチュアのための」とされてはいますが、ピアノの名手であったウェーバーらしく、充実した内容でヴァイオリンとピアノのアンサンブルを楽しむには十分な作品です。そしてここでも溌剌としたファウストのヴァイオリンは美しく響いて、聴き応えのする一枚です。



今日の写真 : Spring ephemeral   仙台市野草園 ( 2013年4月20日撮影 )


a0085805_11393684.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-04-21 11:47 | 室内楽曲

ヴィヴァルディ/オーボエ協奏曲集

a0085805_19322041.jpgram's café menu No.803 : 協奏曲

演奏 : ハインツ・ホリガー(ob)
      イ・ムジチ合奏団

(  輸入盤 LP PHILIPS 416 120-1  )






 「協奏曲」というジャンルが得意であったヴィヴァルディですが、その約半数はヴァイオリンのための作品でした。他に、弦楽器ではチェロやマンドリン、ヴィオラ・ダモーレ、管楽器ではフルート、ファゴット、オーボエ、トランペットなど、当時のあらゆる楽器を独奏とした協奏曲を作曲しています。拙ブログのここで、37曲という驚異的な数もある「ファゴット協奏曲」の一部をエントリーしましたが、今日の「オーボエのための協奏曲」も相当な数あります。オーボエ・ソロが20曲、2つのオーボエのための協奏曲が3曲、オーボエとファゴットのための協奏曲、オーボエとヴァイオリンのための協奏曲ですが、ホリガー&イ・ムジチ合奏団によるこのLP5枚組には、全25曲が収録されています。
 1982年、この全集が発売になったとき、「まるでハインツ・ホリガーという名手のために、ヴィヴァルディがたった今、書き上げたようだ」評されたそうですが、ヴィヴァルディの作品に備わる生き生きとしたリズムと瑞々しい感性が、ホリガーの美音と完璧なテクニックで見事に表現されています。古楽器全盛の現在でも、このホリガー&イ・ムジチ合奏団の録音は、存在価値のとても高い全集だと思います。

 昨日、いわき市でソメイヨシノの開花宣言があって、ようやく「桜前線」が福島県入りしました。来週末には、満開になるかな? 楽しみです。



今日の写真 : 修善寺寒桜

a0085805_2043876.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )

☆・・
[PR]
by fragile28 | 2013-03-30 20:51 | 協奏曲