バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ集BWV.1014~6

a0085805_1754482.jpgram's café menu No.769 : 室内楽曲

演奏 : ラインホルト・バルヒェット(vn)
      ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(cemb)

(  輸入盤 LP 仏ERATO STU 70080  )







 バッハが書いたヴァイオリンのためのソナタといえば、《無伴奏》がとても有名ですが、チェンバロとヴァイオリンのために書かれた全6曲も心に染みいる作品です。ところでバッハのソナタは、モーツァルトやベートーヴェンのソナタのような「ソナタ形式」を駆使したわけではなく、6番を除く5曲は「緩-急-緩-急」の、いわゆる「教会ソナタ」形式で書かれています。そして、チェンバロの右手とヴァイオリンが対等に掛け合っていくなど、チェンバロを単に通奏低音の役割で終わせてはいません。しかも最後の6番は5楽章編成ですが、その中間の第3楽章には典雅なチェンバロ独奏を配置するという斬新な構成です。

 今日のお薦めは、《バッハ演奏史上屈指の名盤》といわれてきたバルヒェット&ヴェイロン=ラクロワの演奏です。2010年12月に念願のオリジナルLP盤を購入しました。もう、何も言うことありません。魂の奥底まで揺さぶられる調べに、ただただ癒やされます。



   同曲異演盤 : ステファノ・モンタナーリ(vn)&クリストフ・ルセ(cemb)
              レオニード・コーガン(vn)&カール・リヒター(cemb)
              ヘンリク・シェリング(vn)&ヘルムート・ヴァルヒャ(cemb)
              ヴィクトリア・ムローヴァ(vn)&オッタヴィオ・ダントーネ(cemb)
              ラインホルト・バルヒェット(vn)&ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(cemb) vol.1
              寺神戸亮(baroque vn)&シーベ・ヘンストラ(cemb)
              シギスヴェルト・クイケン(baroque vn)&グスタフ・レオンハルト(cemb)
              レイチェル・ポッジャー(baroque vn)&トレヴァー・ピノック(cemb)

   


今日の写真 : 天使の翼


a0085805_19472418.jpg

                      ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
[PR]
by fragile28 | 2012-08-25 20:52 | 室内楽曲


<< ストラヴィンスキー/バレエ組曲... ヤナーチェク/シンフォニエッタ >>