チャイコフスキー/バレエ音楽「白鳥の湖」Op.20(ハイライト)

a0085805_12252793.jpgram's café menu No.790 : 管弦楽曲

演奏 : エルネスト・アンセルメ/スイス・ロマンド管弦楽団
(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 2153  )








 
 バレエ音楽といえば、すぐに「白鳥の湖」が思い浮かびます。それほど広く親しまれてきた曲だけに、HMV ONLINE で検索すると80件を超すCD 、SACDがヒットしてきます。もちろん全曲盤というのではなくて、チャイコフスキーが書いた3曲のバレエ音楽、「白鳥の湖」、「眠りの森の美女」、「くるみ割り人形」からの有名曲の抜粋というのが多いのですが、チャイコフスキーのバレエ音楽の人気の高さがわかるようです。

 この「白鳥の湖」の物語は、中世ドイツの伝説をもとにしていて、悪魔によって白鳥にされたオデット姫とジークフリート王子の悲恋を描いたものですが、それにつけたチャイコフスキーの音楽がとても美しく流麗なワルツのオン・パレードだったのです。1877年のボリショイ劇場での初演は、粗末な演出や踊りなどのために失敗に終わって、音楽も評判にならなかったようです。結局、チャイコフスキーが生きている間は話題にもならなかったのですが、彼の死後の1895年、有名な振付師マリウス・プティパ&イワノフが振付を担当したマリンスキー劇場での再演によって、ようやく成功をおさめたそうです。

 さてこの曲を今日は、アンセルメ&スイス・ロマンド管弦楽団の名盤で聴きます。アンセルメの全曲録音からのハイライト版で13曲が収録されています。全曲盤の名場面だけ取り出した一枚ですが、1959年DECCA録音(ED1)なので音質はすこぶる上等。「バレエ音楽の神様」と呼ばれたアンセルメの巧みな指揮は、鮮やかで明るい色調に彩られ表情もとても豊かです。最後まで楽しく聴けて、華やかな舞台を彷彿させてくれる一枚でした。


   
   同曲異演盤 : ヘルベルト・フォン・カラヤン/フィルハーモニア管弦楽団


今日の写真 : 白鳥

a0085805_1422689.jpg

                      ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )







a0085805_14231286.jpg

                      ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )


a0085805_14234314.jpg

                      ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )
[PR]
by fragile28 | 2013-01-06 14:28 | 管弦楽曲


<< バッハ/平均律クラヴィーア曲集... TALES FROM THE ... >>