ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58

a0085805_14361939.jpgram's café menu No.806 : 協奏曲

演奏 : ウィルヘルム・バックハウス(p)
      ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP 英DECCA SXL 2010  )






 GW後半になって、どうにか爽やかな薫風が頬に気持ちよく感じられる陽気となりました。 ほっと一息ですね。

 昨年末の人間ドックから引き続いて、毎月の検査結果は相も変わらず芳しくありません。精神状態も、そして忙しすぎるという物理的状態も原因なのですが、このところゆっくりと音楽を愉しむ時間も余裕もありません。折角のGWの連休ですが、陽気に行楽気分というわけでもないので、静かに自宅で過ごしています。少しずつ少しずつ、生活のリズムを取り戻さないといけません。

 さて久し振りのエントリーは、バックハウスのベートーヴェンです。今日はこの曲を英DECCAのオリジナルLP(ED1)で聴いています。ジャケットは第2版ですが、さすがにDECCAサウンド! 発売から半世紀以上も経つのに、その生き生きとした高音域の伸びも透き通ったような音色も健在です。これは< Silky High (絹のような肌触りの高音)>と呼ばれたそうですが、豊かな奥行き感とともにDECCAが世界に誇った録音技術の魔法のようなものですね。


   同曲異演盤 : ウィルヘルム・バックハウス(p)、イッセルシュテット/ウィーン・フィル(国内盤)
             ロバート・レヴィン、ガーディナー/オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク




今日の写真 : ヒトリシズカ

a0085805_1528657.jpg

                    ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )












a0085805_15331751.jpg

[PR]
by fragile28 | 2013-05-04 15:29 | 協奏曲


<< モーツァルト/セレナード第13... ウェーバー/6つのヴァイオリン... >>