モーツァルト/オーボエ四重奏曲ヘ長調K.370

a0085805_15275760.jpgram's café menu No.836 : 室内楽曲

演奏 : ピエール・ピエルロ(ob)
      パスキエ・トリオ

( 輸入盤 LP BAM LD 500.065  )






 今日のお薦めの一枚は、1950~90年代にかけて活躍したフランスの名オーボエ奏者、ピエール・ピエルロとパスキエ・トリオのLPです。ピエルロは1946年からジャン=ピエール・ランパルやジャック・ランスロ、ポール・オンニュとともに演奏活動をはじめ、1951年にはロベール・ヴェイロン=ラクロワらとパリ・バロック・アンサンブルを結成して、数々の名盤をフランスのERATOやBAMに遺しました。

 前回にエントリーしたホリガー盤では、オーボエの美しい残響と余韻が、躊躇うことなく天空にまで伸びていって爽やかな印象が強かったのですが、それよりも30年も前に録音されたピエルロ&パスキエ・トリオの仏BAM盤の演奏では、少しまろやかな響きで温かさと寛ぎを感じさせるような音色です。そしてジャン・パスキエ(vn)、ピエール・パスキエ(va)、エティエンヌ・パスキエ(vc)のパスキエ・トリオの弦も馥郁とした響きでオーボエに呼応し、とてもしみじみとした愉しい演奏ですね。そして驚くことには、とてもとても録音がいいのです。およそ1950年代後期の録音だとは信じられません。
 なおこのオーボエ四重奏曲にカップリングされた2つのピアノ三重奏曲、第2番K.442「テンポ・ディ・メヌエット」と第6番K.542では、ロベール・ヴェイロン=ラクロワがピアノで参加しています。こちらもいい演奏です。



   同曲異演盤 : ハインツ・ホリガー(ob)/オルランド弦楽四重奏団


今日の写真 : 小春日和

a0085805_16422884.jpg

                      ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
[PR]
by fragile28 | 2013-11-24 16:43 | 室内楽曲


<< チャイコフスキー/交響曲第5番... ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第... >>