New Year's Concert 1988

a0085805_1002712.jpgram's café menu No.841 : 管弦楽曲

演奏 : クラウディオ・アバド
      ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(  輸入盤 LP DGG 423 662-1  )






                          あけましておめでとうございます
                          本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 


 お正月恒例のウィーン・フィル「ニューイヤー・コンサート」は、今や世界中へFMとTVで同時生中継され、最も多くの人が同時に視聴する新年の一大イベントになりました。そして今年の指揮者は、2009年に続き2度目となるダニエル・バレンボイム氏です。楽しみですね。

 さて拙ブログは8回目の新年ですが、本年最初のエントリーは、1988年のクラウディオ・アバドによる「New Year's Concert 1988」です。これが「ニューイヤー・コンサート」デビューとなったアバドですが、第一コンマス席には故ゲアハルト・ヘッツェル氏が座るウィーン・フィル全盛期のニューイヤー・コンサートでした。大病を克服した現在のアバドは、年齢を重ねていくほど演奏が若返ってゆく感じがしますが、1988年のこのころ、ウィーン・フィル楽員と比べてみれば、まだまだ《若造》?なんでしょうね(笑)。この演奏会ではウィーン・フィルらしい音色は感じますが、スマートで中庸な感じのウィンナ・ワルツでした。それでも、床を揺るがすような大砲の爆裂音には、驚いてしまいました(笑)。やはり映像があるかないかで、印象が大きく違いますね。観客のどよめきも録音されているだけに、残念!
 
 


   同曲異演盤 : 2013 New Year's Concert ヴェルザー=メスト/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert in Vienna  アバド/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
              New Year's Concert ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             1992 New Year's Concert カルロス・クライバー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
             1987 New Year's Concert ヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー



今日の写真 : 初春の楽しみ 


a0085805_10205597.jpg

                     ( 写真をクリックすると、少し大きな画像でご覧いただけます )
     




 今年も「らん亭」のおせちでお正月です。おせちのお品書きとともに、おせち料理の由来や習わしについてのメモ書きも付いています。それによると、『「おせち」とは本来、暦上の節句のことを指し、その節句に作られる料理を「おせち料理」と呼んだのですが、現在では元旦(1.1)、ひな祭り(3.3)、端午の節句(5.5)、七夕(7.7)、重陽(9.9)の五節句の中で、一番目にくるお正月の料理を表す言葉として使われている』そうです。
 また、『平安時代、朝廷でこの節目に行われる「節会(せちえ)」で神様にお供えしたり、食べるご馳走を「御節供(おせちく)」と言い、それが後に「おせち」と略され、江戸時代に今のような正月料理を意味するようになった』そうです。

 いつもながら、すべて手作りで保存料など添加物を一切使用しない「らん亭」のおせち。元旦早々からたくさんの種類のお料理を美味しくいただいております。ありがとうございました。

a0085805_10254665.jpg




a0085805_10263255.jpga0085805_10282194.jpg



a0085805_10285995.jpg

[PR]
by fragile28 | 2014-01-01 10:31 | 管弦楽曲


<< モーツァルト/レクイエムK.626 ベートーヴェン/交響曲第9番ニ... >>