モーツァルト/クラリネット協奏曲イ長調K.622

a0085805_1394748.jpga0085805_13102650.jpgram's café menu No.844 : 協奏曲

演奏 : アレッサンドロ・カルボナーレ(cl)
      アバド/モーツァルト管弦楽団

(  輸入盤 DGG 477 9331  )







 先週初めの1月20日(月)、指揮者クラウディオ・アバド氏が逝去されました。氏は昨年6月26日に80歳の誕生日を迎え、10月にはルツェルン祝祭管弦楽団と来日し「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 松島2013」などへの参加のため7年ぶりに来日されるはずでしたが、健康上の理由からキャンセルになり、その後療養されていたそうです。
 1990年からカラヤンの後任として、ベルリン・フィル芸術監督に就任していましたが、2000年に胃癌の手術を受けた後、2002年にはその職を辞しています。しかし、03年にはルツェルン祝祭管弦楽団を編成し同音楽祭の中心的役割を果たしたり、04年には若手奏者によるモーツァルト管弦楽団を設立し後進の育成にも力を注ぐなど、奇跡的な復活を遂げていました。

 生前アバド氏は、現在のベルリン・フィル芸術監督サイモン・ラトルに、「私の病気は恐ろしかったけれど、その結果は悪いことばかりではなかった。私は今、体のなかから音楽が聴こえるような気がするのです。胃がなくなった代わりに、体の内側に耳ができたような…。これがどんなに素晴らしいことか、言葉にする術がありません。病気になった時、音楽が私を救ってくれた。それは間違いないことです」と述べていたそうです。

 2012年度レコード・アカデミー大賞を受賞したイザベル・ファウストとのベルク&ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でも、2013年の同協奏曲部門賞をに輝いたモーツァルトの管楽器のための協奏曲集でもバックを務めたのはいずれも、アバド指揮モーツァルト管弦楽団でした。このことについて音楽評論家の大木正純氏は、<名人集団の圧倒的な力量もさることながら、思うに解脱の境地と言うといささか大げさだが、澄み切ったアバドの、いわば超俗の心境が、それら名演奏の背景にあるのではないだろうか>と述べていますが、私もまったくその通りだと思います。ルツェルン祝祭管弦楽団やモーツァルト管弦楽団を指揮した時のアバドは力も抜けて、ベルリン・フィル時代の演奏とは別物の高みに達したような、自然な音楽の響きや流れを聴かせてくれました。本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。

 

   同曲異演盤 : ホープリッチ(basset clarinet)&ブリュッヘン/18世紀オーケストラ
             レオポルド・ウラッハ(cl)&ロジンスキ/ウィーン国立歌劇場管弦楽団
             アルフレート・プリンツ(cl)&ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団




今日の写真 : 初春の香り #2   2014年1月18日撮影  いわき市フラワーセンター


a0085805_14442344.jpg

                                 マンサク
                     ( 画像をクリックすると、少し大きな画像で見られます )








a0085805_14455486.jpg



a0085805_1446285.jpg

[PR]
by fragile28 | 2014-01-26 14:47 | 協奏曲


<< ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲... ベートーヴェン/交響曲第7番イ... >>