ヴィヴァルディ/ Dixit Dominus  RV.594

a0085805_8453544.jpgram's café menu No.83 : 声楽曲

演奏 : ジェンマ・ベルタニョーリ(S), インヴェルニッツィ(S)
     アンナ・シンボリ(A), サラ・ミンガルド(contralto)
     フェッラリーニ(T), マッテオ・ベッロット(Br)

    リナルド・アレッサンドリーニ/コンチェルト・イタリアーノ
(  輸入盤 OPUS111 OP 30383  )


 冬晴れの日曜日、気持ちのいい朝です。
  
 宗教音楽家ヴィヴァルディにとって、晩課のための音楽はとても重要な仕事でした。ヴィヴァルディはたくさんの晩課のための音楽を書きましたが、現在は断片的にしか残っていないそうです。
 2004年に発売されたこのCDは、鬼才リナルド・アレッサンドリーニが、現在残っている断片的な晩課のための音楽を繋ぎ合わせて、『聖母被昇天のための晩祷』として再現したものです。これが、とりわけ上品で心地いい音楽なのです。まさに、今朝のように冬晴れの抜けるような青空に、オルガンの響きが吸い込まれていきます。そして独唱の美しさも極上です。実はこのCD、「ジャケ買い」だったのですが、宝くじの一等賞にでも当たったような気持ちになれました。


今日の写真 : いたずら天使

a0085805_9315058.jpg

[PR]
by fragile28 | 2007-01-14 09:32 | 声楽曲


<< ベートーヴェン/六重奏曲変ホ長... シベリウス/樹の組曲Op.75 >>