モーツァルト/フルート協奏曲第1番ト長調K.313

a0085805_20121813.jpgram's café menu No.96 : 協奏曲

演奏 : ペーター・ルーカス・グラーフ(fl)
      レイモンド・レッパード/イギリス室内管弦楽団

(  輸入盤 Claves CD 50-8505  )




 モーツァルトは生涯に2曲のフルート協奏曲を作曲しました。といっても第2番はオーボエ協奏曲K.314からの改作ですから、オリジナルはこの第1番だけとなります。モーツァルトは本当に、当時のフルートに対して不満を持っていたようです。公然と、《我慢のならない楽器》とまでフルートのことを毛嫌いしていたらしいのですが、作曲された協奏曲は、フルートの輝かしい音色を生かした傑作となっています。

 今日の演奏はペーター・ルーカス・グラーフです。彼は透き通るような音色で、魅力的な旋律を清々しく奏でていきます。澄んだフルートの響きが、新しい一日の始まりに活力を与えてくれるようです。
 折しも今朝の太平洋沖には、珍しく雲一つありませんでした。静かな日の出をちょっとだけ眺められた幸せを思いだし、グラーフの名盤を聴きたいと思います。


今日の写真 : 静寂   2007年2月5日6時35分撮影

a0085805_205645.jpg

a0085805_20561621.jpg

[PR]
by fragile28 | 2007-02-05 20:57 | 協奏曲


<< モーツァルト/弦楽四重奏曲第1... ベートーヴェン/ヴァイオリン・... >>