You Must Believe In Spring

a0085805_16573476.jpgram's café menu No.109 : Bill Evans

演奏 : ビル・エヴァンス(p)、エディ・ゴメス(b)
      エリオット・ジグモンド(ds)

(  輸入盤 LP Warner HS 3504  )




 3月になった途端うららかな陽気の毎日、爛漫の春です。そして1日は雲一つない快晴に恵まれ、厳かな卒業式に出席してきました。今年は別れの寂しさはあまり感じませんでした。どちらかといえば今年は、ようやく終わったという安堵の気持ちが強かったですね。昨年のような涙腺のゆるみはありませんでした。
 

 今日は珍しくジャズです。日頃クラシック以外はあまり聴かないのですが、気持ちよさそうな音楽を見つけると、自分の気持ちにフィットするのかどうか、ちょっとずつその音楽を聴いてみたりします。そんななかで大好きになったビル・エヴァンス・トリオです。私にとって、ビル・エヴァンスの演奏は、クラシック音楽の室内楽と同じ感じで聴くことができます。

 ところでこのLPは、1980年に亡くなったビル・エヴァンスの「追悼盤」として翌年発売されました。でも、録音は1977年8月にされています。しっとりとした内省的な曲が、哀愁のただよう味わいの深い演奏で美しく響きます。「追悼盤」としてこれ以上のものはないほど慈愛に満ちた演奏ですが、どうして生前には発売されなかったのかな?やはりジャズらしくないからですかね、不思議です。


今日の写真 : 八重咲きのニホンズイセン

a0085805_184078.jpg






a0085805_19242533.jpg

            3月になりましたので、水仙の写真はそろそろ終わりにします。
[PR]
by fragile28 | 2007-03-03 18:44


<< ラモー/クラヴサン曲集 モーツァルト/ヴァイオリン・ソ... >>