ベルリオーズ/幻想交響曲Op.14

a0085805_19261790.jpgram's café menu No.112 : 交響曲

演奏 : シャルル・ミュンシュ/パリ管弦楽団
(  輸入盤 LP 仏EMI CVB 2037  )







 1827年、ベルリオーズはパリでのシェークスピア劇を観劇して、舞台上のイギリス女優に熱烈な恋をしたそうです。しかし、人気絶頂の看板女優と貧乏な青年音楽家の恋はうまくいかずに、ベルリオーズの一方的な片思いで終わったのでした。彼はその失恋の苦しみから、この「幻想交響曲」を作曲しました。この曲によって、無名だったベルリオーズの名が、一躍世界中に広まりました。
 ベルリオーズはこの曲の初演(1830年)で大成功をおさめました。そして若く美しいピアニストとの新しい恋もうまくいきそうでしたが、結果はまたしても失恋です。でも、2度の失恋の苦しみも乗り越え、「レリオ(または生への回帰)」という「幻想交響曲」と対になるような作品をも発表しました。そして何と、有名になったベルリオーズは、1833年に前回の失恋の相手(花形女優)との結婚をはたしています。文字通り、劇的・ドラマティックな標題音楽です。

 今日の演奏は、1968年レコード・アカデミー賞に輝いたミュンシュの名盤です。LPで聴くと常軌を逸したドラマが、輝かしい響きで色彩豊か、肉感的に迫ってくるようです。とてもいいです。




今日の写真 : 夕焼け空の天使   2007年2月25日撮影

a0085805_216413.jpg

[PR]
by fragile28 | 2007-03-08 21:07 | 交響曲


<< モーツァルト/ピアノ協奏曲第2... バッハ/無伴奏ヴァイオリン・パ... >>