ドビュッシー/交響詩「海」

a0085805_16344380.jpgram's café menu No.282 : 管弦楽曲

演奏 : サー・ジョン・バルビローリ
      パリ管弦楽団

(  輸入盤 LP EMI SFGLP 78 190  )






 職場から車で約10分も運転すると、すぐそこに太平洋が広がります。今週はテスト週間なので、少し時間的な余裕ができました。そこで、今日も海を眺めてきました。

 冬の海は、どんよりと緑色がかっています。真夏の限りなく透き通った藍色とはまったく違う色をしています。まるでいろんな悲しみをのみ込んでいるように見えます。かたや地平線で接した空には、一足先に春の輝きの青色がありました。


 海を眺めていると、少しずつ心が落ち着いてきます。


 ドビュッシーが作曲した「管弦楽のための3つの交響的素描《海》」は、現実の海の情景描写ではなく、《無数の海の思い出》からの想像の海、印象の海です。この曲は確かに色彩感豊かですが、指揮者によって水彩画風であったり、油絵風であったりとその印象には大きな違いが見られます。今日のバルビローリ盤は、粘りのある油絵具でダイナミックに描いた《海》に感じられました。高く舞い上がった波しぶきもストップ・モーションからコマ送りで落ちてくる感じです。


   同曲異演盤 : カルロ・マリア・ジュリーニ/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団


今日の写真 : 空と海と

a0085805_19503128.jpg






a0085805_19532054.jpg

a0085805_19561919.jpg

a0085805_2061668.jpg

[PR]
by fragile28 | 2008-02-19 19:58 | 管弦楽曲


<< バッハ/管弦楽組曲全曲BWV.... モーツァルト/ディヴェルティメ... >>