バッハ/チェロ・ソナタ全集BWV.1027~1029

a0085805_12204895.jpgram's café menu No.294 : 室内楽曲

演奏 : ピエール・フルニエ(vc)
      スザナ・ルージィチコヴァ(cemb)

( 国内盤 ERATO RECD-1027 )






 今日はお彼岸の中日ですが、あいにくの雨模様です。私はまだ小降りであった早朝に、お墓参りに行きました。「暑さ、寒さも彼岸まで」とはよく言ったものですが、今日の春の雨はまさに大地の恵み、植物の芽吹きをうながしてくれることでしょう。

 「ヴィオラ・ダ・ガンバ(膝のヴィオール)」という楽器は、大きさこそ現代のチェロほどですが、エンドピンがなく両脚で保持しながら演奏します。そしてギターのようなフレットもあり6弦ですから、チェロとは形態こそ似ているけれど、そのルーツは異なっています。バッハの時代、「ヴィオラ・ダ・ガンバ」のヴィオール属はすたれていき、チェロなどのヴァイオリン属が普及してきますが、この「ヴィオラ・ダ・ガンバ」のためにバッハは、3曲のソナタBWV.1027~1029を書き残したのです。しかしこの楽器があまり使われなくなってからは、チェロによって代用されるのがふつうになり、それで『チェロ・ソナタ』という呼び方もされています。

 今日のお薦めは私の大好きなチェリスト、フルニエによる演奏です。フルニエの洗練されたチェロには気品があって暖かですが、ガンバを意識したような渋さも漂っています。チェコの誇るチェンバロの名手ルージィチコヴァの華やかさが前面に出すぎることもなく、いいバランスでの伴奏です。


   同曲異演盤 : アンナー・ビルスマ(vc.piccolo)&アスペレン(Organ)盤



今日の写真 : 偲ぶ

a0085805_14171140.jpg







a0085805_1414502.jpg

[PR]
by fragile28 | 2008-03-20 14:18 | 室内楽曲


<< モーツァルト/フルートとハープ... モーツァルト/レクイエムK.626 >>