モーツァルト/ピアノ・ソナタ第3番変ロ長調K.281

a0085805_1525429.jpgram's café menu No.321 : 器楽曲

演奏 : リリー・クラウス(p)
(  国内盤 東芝EMI WCA-1001/5  )






 GWですが、これといった特別の計画・予定もたてずに過ごしてます。東北南部の太平洋岸には昨日からの雨雲がまだ居座ったままのようで、今日もすっきりしないお天気です。

 先月末にバックハウスの演奏するモーツァルトの『トルコ行進曲付き』ソナタをエントリーした際、「これは1956年の《モーツァルト生誕200年》を記念して録音された」と記事にしました。同じ《モーツァルト生誕200年》を記念して、当時すでにモーツァルト弾きとして評判の高かったリリー・クラウスは、同じ年にソナタの全曲録音を行いました。クラウス51歳の時で、アンドレ・シャルランという録音技師の巨匠によって収録されたその全曲録音は、モノラル録音にもかかわらず音質も極めていいのです。まさしく盤上珠を転がすような輝き、冴えがあります。あの宇野功芳氏に《SP、モノーラル、ステレオ史上を通じて、これ以上のモーツァルトは無く、おそらく今後も現れない》といわしめた、とても有名な全曲録音です。

 今日はそのソナタ全集盤から、微笑みいっぱいの「第3番K.281」ソナタをエントリーします。澄み切った青空に響きわたる女子の軽やかな笑い声のように、チャーミングでかわいらしい旋律が現れては消えていくような楽しい曲です。



今日の写真 : 真紅のドレス

a0085805_17504777.jpg

[PR]
by fragile28 | 2008-05-04 17:01 | 器楽曲


<< バッハ/無伴奏ヴァイオリンのた... ブラームス/ヴァイオリン・ソナ... >>